DNPの取り組む11の重点テーマ

人類の尊厳と多様性の尊重

DNPは、「DNPグループ行動規範」の中で、人類の尊厳は最も大切なものであり、社員だけでなく事業活動が影響を及ぼす全ての領域において、いかなる差別的言動も行ってはならないことを定め、グループ内に徹底を図っています。また、社内において社員一人ひとりが多様な個性を十分に発揮し、いきいきと働ける企業風土をつくることで、新たな価値の創造とグループの持続的発展につなげていきます。

サステナビリティ最新情報はこちら

あらゆるステークホルダーに配慮した事業活動

DNPでは、「DNPグループ行動規範」に基づき、バリューチェーン全体で、人類の尊厳と多様性を尊重し、あらゆる差別的言動を行うことの無いよう、「DNPグループCSR調達ガイドライン」にその旨を定め、サプライヤーとともに多様なマネジメントを進めています。

サプライチェーンを通じた社会的責任の推進

多様な人材の活躍を支援するさまざまな取り組み

多様な人材の活躍を支援するための柱となる施策が「働き方の変革」です。日本企業を取り巻く経営環境は、近年、かつてないほどに大きく変化しています。その変化に対応するには、DNPグループの社員一人ひとりがより効率的で生産性の高い自律的な働き方を実践し、成果をあげると同時に、社員それぞれが個性を発揮しいきいきと働くことができる環境づくりが必要です。

多様な人材の活躍を支援する取り組み