第2の責任「誠実な行動」 環境保全と持続可能な社会の実現

環境マネジメントシステム

ISO14001が発行される前の1993年に、DNPグループ独自の環境マネジメントシステム(EMS)を構築しました。これは、エコレポートとサイトエコレポートの二つのツールを使用して、半年ごとにPlan-Do-Check-Actionのサイクルを回すEMSで、DNPグループの環境管理活動のベースになっています。

DNPグループ環境マネジメントシステム概念図

企業理念が頂点にあり,その下に行動規範がある, この理念と規範に基づきCSR・環境委員会が存在し,環境ビジョンとしてDNPグループエコレポートとサイトエコレポートを策定する, DNPグループエコレポートのPLAN,DO,CHECK,ACTION,PLAN:・グループ目標設定,・サイトエコレポートの様式決定,サイトエコレポート活動方針,DO:サイトエコレポート,CHECK:サイトエコレポート活動方針,委員長└確認,ACTION:改善└指示 サイトエコレポート活動方針と環境関係規定集を受け、事業部グループ└環境委員会各サイトにおけるサイトエコレポートのPLAN,DO,CHECK,ACTION,PLAN:サイト└目標設定,サイトエコレポート環境目標,DO:環境└活動,サイトエコレポート月次活動報告CHECK:責任者└確認,サイト環境委員会実施報告,ACTION:善改指示,サイトエコレポート評価・次期計画また、上記サイクルは、エコレポート説明と内部環境監査(エコ監査)を受ける

エコ監査

このEMSをさらに有効的なものとするため、内部環境監査として、1996年から「エコ監査」を実施しています。監査によって、万一、是正処置が必要となった場合は該当サイトへ「是正処置要求書」を発行し、それに対する回答書はDNPグループ環境委員会での承認を必要としています。

指摘事項の内容を分析し、アクション項目を決定して次年度の「エコ監査」にてフォローアップを行います。