研究開発活動

事業創造型の研究開発活動

印刷技術と情報技術の応用発展により事業領域を拡大してきたDNPにとって、研究開発は重要な企業活動と言えます。変化の激しい時代にあって、生活者の視点に立ち、社会で起きていることをよく見て、どのような課題が存在し、その解決に必要な技術は何か、いち早く見極める必要があります。その上で、DNPの独自技術を開発するとともに、強みを持った他社との連携も積極的に推進し、技術開発のスピードを速めています。

研究開発事例

常に時代のニーズをとらえ、新しい価値の提供に向けてさまざまな研究開発に取り組んでいます。ここでは技術の応用・展開の視点で創造されるDNPの研究開発の具体的事例をご紹介します。

開発者インタビュー

多様化する事業分野でブレークスルーを達成した開発者の舞台裏での取り組みについてご紹介します。

研究開発体制

DNPの研究開発は、研究開発センター、技術開発センター、ABセンターおよび事業部の開発部門を中心に推進しています。

開発体制図

研究開発体制図,情報コミュニケーション分野,事業部(開発本部:短期開発[~1年]):出版イノベーション、情報イノベーション、イメージングコミュニケーション,生活産業分野,事業部(開発本部:短期開発[~1年]):包装、生活空間、モビリティ、高機能マテリアル,エレクトロニクス分野,事業部(開発本部:短期開発[~1年]):ファインオプトロニクス,本社管轄の研究開発体制,技術・技術開発センター(中期開発[~3年]),技術・研究開発センター(中期開発[~3年]),ABセンター(中期開発[~3年]~長期開発[3年以上]),本社管轄の統括:技術・研究開発本部

研究開発拠点

研究開発費(連結)

研究開発費(連結),2006年3月期:287億円,2007年3月期:301億円,2008年3月期:356億円,2009年3月期:341億円,2010年3月期:338億円,2011年3月期:331億円,2012年3月期:317億円,2013年3月期:308億円,2014年3月期:308億円,2015年3月期:317億円,2016年3月期:318億円,2017年3月期:314億円,2018年3月期:332億円,2019年3月期:337億円,2020年3月期:336億円,