大日本印刷の助けあいアプリ「May ii(メイアイ)」が「ダイバーシティTOKYOアプリアワード」のアプリ部門で優秀賞を受賞

2020年2月13日

大日本印刷株式会社(DNP)は、「移動に困って手助けを求める人」と、「そうした人を手助けしたい人」をつなげるスマートフォン向けアプリ「DNPソーシャルアクションサービスMay ii(メイアイ)」で、東京都が主催する「ダイバーシティTOKYO アプリアワード」のアプリ部門で優秀賞を受賞しました。

「ダイバーシティTOKYOアプリアワード」表彰式の様子

【「ダイバーシティTOKYOアプリアワード」について】

東京都では、第四次産業革命技術(AI、ビッグデータ等)の社会実装を通じて、経済発展と社会的課題の解決を両立させる「Society5.0」の実現に向け、都政の施策の方向性などについて検討を進めています。東京都は、この取り組みの一環として、東京都民の利便性の向上や新たなビジネスチャンスの拡大につながる「ダイバーシティ TOKYO アプリアワード」を開催し、2020年2月12日(水)に最終審査に進んだDNPを含む6団体がプレゼンテーションを行い、DNPは優秀賞を受賞しました。

【Mayii(メイアイ)の受賞について】

最終審査では、「May ii(メイアイ)」の「手助けを通したコミュニケーションをきっかけに、街の中にあるバリアや困っている人を認識し、心のバリアを取り除く」というコンセプトと問題解決への熱意が評価されました。審査員からは「ビジョンとそれを叶える体験がセットになっている。更に、東京都がオープンにしているデータを活用したり、オープンイノベーションの取り組みになることを期待しています」というコメントをいただきました。

【今後の展開】

DNPは、性別、年齢、障がい、国籍などの外面の属性やライフスタイル、職歴、価値観などの内面の属性にかかわらず、それぞれの個を尊重し、認め合い、良いところを活かす「ダイバーシティ&インクルージョン」の実現に向けて、「May ii(メイアイ)」のさらなる利用エリアの拡大や対応言語の追加など、サービス向上を推進していきます。また、企業や自治体等と連携しながら取り組みを拡大していくことで、誰もが暮らしやすい街づくりを進めていきます。


【「DNPソーシャルアクションサービス May ii」について】

DNPは2019年7月に、街なかでの移動に困り手助けを求める人と、手助けしたい人をつなげるスマートフォン用アプリ「May ii」の提供を開始し、社会全体で助けあいが広がっていく取り組みを推進しています。2020年2月12日時点で「May ii」のアプリのダウンロードは累計25,000件を突破し、721のマッチングを実現しました。

○アプリ利用価格 : 無料

○推奨環境 : iOS 11以上、Android 6.0以上。iPodTouchなどの端末は対象外となります。

○対応言語 : 日本語、英語、韓国語

○利用時間 : 8時~21時

○利用エリア : 東京都23区内、福岡県(福岡市天神駅・博多駅周辺)、北海道(札幌市札幌駅周辺)、神奈川県(川崎市・川崎駅周辺)

○公式サイトURL : https://mayii.jp/


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。