ニューノーマルの安全・安心な観光地づくりに向けた菰野町観光協会の実証事業に小型モビリティレンタル管理システムと、混雑状況・モビリティ貸出状況可視化システムを提供

大日本印刷(DNP)は、三重県の菰野町観光協会が推進する「3密回避に向けた最先端技術活用実証事業」に、小型モビリティ車両のレンタル管理システムと、混雑状況およびモビリティ車両貸出状況の可視化システムを提供します。

菰野町観光協会は、ウィズコロナ時代のニューノーマル(新常態)の構築のなかで、地域観光の促進に向けて、2020年12月24日~2021年3月12日に当実証事業を実施しています。同協会は菰野町を訪れる観光客が安全・安心に楽しめる観光地づくりを推進するため、(1)混雑状況の見える化、(2)Web来店システムの導入、(3)小型モビリティの導入を推進しています。DNPは(3)の施策に対し、パートナー企業と協力して、小型モビリティ車両のレンタル管理システムと、混雑状況・モビリティ車両貸出状況の可視化システムを提供します(小型モビリティ車両の導入は2021年1月18日~3月12日のみ)。

DNPは実証実験後も継続して、同協会が運営する事業に本システムを提供していく予定です。実証実験で得られた知見を活かして、観光客の安全・安心と利便性を両立するモビリティソリューションを多くの自治体等に提供することで、今後も地域の移動体験の拡充に貢献していきます。

小型モビリティの車両のサンプル

【DNPが本実証事業に提供するシステムの概要】

■小型モビリティ車両のレンタル管理システム(運行管理者向け)

  • 小型モビリティの車両管理機能
  • 小型モビリティ車両の貸出時・返却時における車両貸出しステータスの更新
  • API(Application Programming Interface)で小型モビリティ車両の貸出状況の可視化システムと連動
  • 車両貸出希望者の属性情報の台帳登録
  • 京セラコミュニケーションシステム株式会社提供のIoTネットワーク「Sigfox」と位置管理サービス「IoT Tracker」を活用して、域内の小型モビリティの現在位置を地図上に表示
  • 運用実績に関するレポートの作成とCSV(Comma Separated Values)ファイルへの出力

■地域の混雑状況およびモビリティ車両の貸出状況の可視化システム

本システムは主に車両利用者向けに提供します。同協会は実証事業を通じて、AIカメラの設置によって人の流れのデータを把握し、リアルタイムで観光地の混雑状況を表示する仕組みを構築しています。

  • 生活者のPCやスマートフォンに、AIカメラが設置された観光地の混雑状況のほか、小型モビリティ車両の各貸出拠点とそこで現在借りられる台数を地図上でわかりやすく表示
  • 各拠点にデジタルサイネージを設置し、その拠点において観光地の混雑状況と、小型モビリティ車両の各貸出拠点で現在借りられる車両の台数をリアルタイムに表示


※小型モビリティの貸出拠点は、菰野町観光協会にお問合せください。 → http://www.kanko-komono.com/

※記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。