スイスのオリンピック博物館に向けて相撲錦絵の展示企画を提供し企画展に協力

徳間書店の保有データから総数26枚のレプリカを作成、オリンピック開催国の文化を世界へ

大日本印刷株式会社(DNP)は、国際オリンピック委員会(IOC)本部があるスイス・ローザンヌのオリンピック博物館で2021年3月18日~11月21日に開催される「スポーツとマンガと日本文化」をテーマとした企画展に協力します。

東京2020大会関連の企画展、相撲錦絵の展示について

オリンピックの歴史等に関する展示を行うこの博物館では、オリンピック・パラリンピックイヤーに合わせ、競技大会開催国をテーマとした企画展を行っています。東京2020大会に合わせて今回開催する企画展は「スポーツとマンガと日本文化」をテーマとしており、日本の象徴的な文化のひとつであるマンガを通してスポーツや各国の文化を伝えていきます。

この企画展に対してDNPは、日本独自の相撲錦絵を題材にした展示企画を提案し、その内容や展示物等が高く評価されました。DNPは今回、日本相撲協会が所有する相撲錦絵について、徳間書店がデジタル化したデータを元に、独自の高精彩出力技術である「プリモアート」を用いて、相撲錦絵12点(総数26枚)のレプリカを作成しました。この制作物を提供することによって、DNPは当企画展に協力します。

江戸中期から明治にかけて流行した木版画の浮世絵である錦絵は、芸術品であるとともに当時の情報伝達メディアの役割も担っていました。相撲を題材にした作品は、江戸時代の大衆の間で歌舞伎と並んで人気が高く、著名な多くの絵師たちによって、力強い力士の表情や姿、当時の大相撲の様子が精細に表現されています。今回の企画展では、相撲錦絵を通して、日本における芸術やスポーツ、歴史、人々の暮らしといった独自の文化を伝えます。

  「化粧廻し姿一人立 鹿島灘鰐右衛門 国貞(二代)」

「河津三郎俣野五郎取組の図 国芳(左・中・右)」

DNPのコンテンツ関連の取り組みについて

DNPは、独自の「P&I」(印刷と情報)の強みを活用した多様なコミュニケーション手法を開発しており、出版社やアニメ制作会社をはじめとするコンテンツホルダーとともに、アニメやマンガ等の“クールジャパンコンテンツ”を各種制作物やデジタルメディアなどに展開して、国内外に発信する事業を推進しています。マンガ等のコンテンツをはじめとした知的財産を安全に広く提供する体制の整備や、コンテンツを活用したVR(仮想現実)・AR(拡張現実)のソリューション開発を進めるとともに、日本独自のコンテンツを海外のファンに楽しんでもらえる機会を創出しています。