オリジナル書体「秀英体」の「秀英にじみ初号明朝」を開発

「秀英にじみ明朝」「秀英にじみ初号明朝」をAdobe Fontsで10月27日より提供開始

大日本印刷株式会社(DNP)は、オリジナル書体「秀英体」の開発に明治時代から1世紀以上にわたって取り組んでおり、その時代のニーズに合わせ、またニーズを先取りしながら、常に新しい価値を社会と人々に提供し続けています。今回、活版印刷の風合いの再現が高く評価されている「にじみシリーズ」の新たなラインアップとして、「秀英にじみ初号明朝」を開発しました。

また、2017年からアドビ株式会社にライセンス提供している「秀英体」ファミリーに、「秀英にじみ明朝」と「秀英にじみ初号明朝」の2書体を追加します。アドビは、この新しい書体を「Adobe Creative Cloud」のフォントサービス「Adobe Fonts」のラインアップに追加し、10月27日より提供します。

【書体の仕様と販売方法について】

●「秀英にじみ明朝」の特徴

「秀英にじみ明朝」は、「にじみシリーズ」第1弾として開発した書体です。DNPが100年以上にわたって活版印刷で使用してきた「秀英体」が、印刷した紙の上でどのように表現されているか細かく分析し、その結果を“にじみ効果“として付与する専用プログラムを独自開発しました。このプログラムで「秀英明朝」に対して画像処理を行った上で、自然な“にじみ感”が出るよう、1字1字丁寧に調整を加えて完成させました。紙とインクの質感を思わせるような柔らかい表情を持ち、和菓子や工芸品、手作り品のパッケージなどで日本の伝統や美、レトロ感を演出する際などに最適です。

●「秀英にじみ初号明朝」の特徴

秀英体の魅力がわかりやすい代表的な見出し用書体である「秀英初号明朝」に、活版印刷のようなインクの“にじみ効果”を持たせました。書籍・ポスター・Webサイトのタイトルや小見出しなど、大きな文字サイズで利用した際に良く映えるよう、“にじみ効果”の「太らせ量」や「ゆらぎ量」を調整しました。その“にじみ効果”が、「秀英初号明朝」の凛とした表情に柔らかくレトロな雰囲気を与え、より味わいある表現を演出しています。

また「秀英にじみ初号明朝」は、アドビが開発する新書体「ヒグミン」と連動させて、「太らせ量」や「ゆらぎ量」を調整しており、「ヒグミン」の仮名と組み合わせる漢字書体としての利用も推奨されています。

●仕様

・文字セット:Adobe-Japan1-3(Std)

・フォーマット:OpenTypeフォント

※新元号の合字グリフ「令和」に対応する新しい規格(Adobe-Japan1-7)に対応します。

●提供方法

「Adobe Creative Cloud」のフォントサービス「Adobe Fonts」として利用できます。

※詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。

Adobe Fonts → https://fonts.adobe.com/

Adobe Fonts(大日本印刷) → https://fonts.adobe.com/foundries/dai-nippon-printing

秀英にじみ明朝 → https://fonts.adobe.com/fonts/dnp-shuei-nmincho-std

秀英にじみ初号明朝 → https://fonts.adobe.com/fonts/dnp-shuei-nshogomincho-std

【秀英体について】

秀英体はDNPが明治時代から開発を続けているオリジナルの書体です。優美でしなやかな線画を持ち、美しく読みやすい書体として多くの書籍や辞典に使われ、編集者やデザイナーだけでなく、読者からも親しまれてきました。DNPは2005年から、「秀英体」をよりオープンなデジタル環境で活用するためのリニューアル事業「平成の大改刻」に取り組み、2009年からはDTP環境のほか、電子書籍ビューアーやワープロソフト等にライセンス提供するなど、その利用範囲を広げています。「平成の大改刻」は、2006年の創業130周年の記念事業の一環として、21世紀のデジタルコミュニケーションを支える情報流通基盤の進展を目的に、高品位な書体の価値の再構築を理念として、2005年に開始した取り組みです。秀英細・中・太明朝の改訂、金属活字時代の秀英初号明朝のデジタルフォント化、新書体である角ゴシックや丸ゴシックのデジタルフォント開発などを2012年までに完了しました。


※秀英体の詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。→ http://www.dnp.co.jp/shueitai/
※「秀英」及び「秀英体」は、大日本印刷株式会社の登録商標です。
その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

大日本印刷株式会社本社:東京都新宿区  社長:北島義斉  資本金:1,144億円
アドビ株式会社 本社:東京都品川区  社長:神谷知信  資本金:1億8千万円

ニューストップへ

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索