PocketRDと資本業務提携

完全自動アバター作成システムをXRコミュニケーション事業などで活用し、新しい価値を創出

大日本印刷株式会社(DNP)は、2021年10月25日(月)に、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)等を活かしてリアルとバーチャルを融合して、生活者に新しい価値を提供するXR(Extended Reality)分野のスタートアップ企業、株式会社PocketRD(ポケットアールディー)と資本業務提携の契約を締結しました。今後両社は、DNPのXRコミュニケーションやデジタルコンテンツ関連の事業で、PocketRDの3Dアバター生成技術やブロックチェーン技術を活用して協業を進めていきます。

【資本業務提携の狙い】

  • DNPは、「高精細な表現技術」と「大量の情報処理能力」を活かして、リアルとバーチャルを行き来できる新しい体験と経済圏とを創出する「XRコミュニケーション事業」を展開しています。XR技術を総合的に活用してリアルとバーチャルを融合して地域や施設の価値を拡張する「地域共創型XRまちづくりPARALLEL CITY(パラレルシティ)」をはじめ、4Kリアルタイム3DCGとVR技 術によってリアルな商品を体験できるVRショールーム/VRモデルルーム、遠隔でバーチャルキャラクターを操作して人手不足や働き方改革などの解決につなげる「DNPバーチャル接客サービス」、文化財の保存・デジタル化・公開のニーズに対応する「文化財のデジタルアーカイブソリューション」などを提供しています。
  • PocketRDは、商業施設等に設置したスキャナーやスマートフォンアプリで自分独自のアバターを完全自動で作成できる「AVATARIUM(アバタリウム)」を提供しています。また、3Dコンテンツの権利をブロックチェーン技術で保護し、著作権に配慮した安全な2次創作・2次流通・販売を実現するプラットフォーム「Pocket Collection(ポケットコレクション)」を提供しています。

 

「AVATARIUM」で3Dアバターを作成(左)/「Pocket Collection」で保護・管理する3Dコンテンツ例(右)
  • DNPは、独自の「P&I」(印刷と情報)の強みと、3Dアバターやコンテンツ管理等のPocketRDの強みを掛け合わせ、XRを活用した新しい体験価値とビジネスを創出する取り組みを強化していきます。
■大日本印刷株式会社 (WebサイトURL : https://www.dnp.co.jp
 代表取締役社長 : 北島義斉  創業 : 1876年10月
 所在地 : 東京都新宿区市谷加賀町1-1-1
 資本金 : 1,144億円6,476万円
■株式会社PocketRD (WebサイトURL :https://pocket-rd.com/
 代表取締役 : 籾倉宏哉  設立 : 2017年11月
 所在地 : 東京都渋谷区東3-14-15 MOビル9F
※記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

ニューストップへ

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索