「本人認証・本人確認アプリ」で口座保有者向けにサービスを拡張

本人認証・本人確認アプリで初めてNTTデータの「OpenCanvas」とAPI接続することに基本合意

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(以下:NTTデータ)と、金融サービスのセキュリティ性と利便性を向上させるDNPの「本人認証・本人確認アプリ」(以下:当アプリ)と、NTTデータの金融向けクラウドサービス「OpenCanvas®」とAPI接続することを基本合意しました。
第一弾として、横浜銀行が利用を予定しています。

【API接続によるアプリのサービス拡張の概要】

DNPは、金融サービスのセキュリティ性と利便性の向上を目指し、決済口座登録や郵送等による本人確認書類のやり取り、複数のパスワード管理等の負荷軽減を行うために、顔認証機能などを持つ当アプリを提供しています。当アプリとオープンAPI(Application Programming Interface)を活用した他のサービスとの連動について、金融機関の基幹システムベンダーと検討を進めるなかで、今回、OpenCanvasとの連動が決定しました。利用サービスの内容にあわせて、複数の認証手段を組み合わせ、最適な認証を行うことでセキュリティ性を向上させていきます。
第一弾として、横浜銀行のアプリでの利用を予定しております。取引時の不正利用やなりすましの防止に活用します。当アプリで事前に登録した運転免許証またはマイナンバーカード券面の顔写真とスマートフォンで撮影した顔写真との照合に加え、横浜銀行の勘定系のデータも照合することで、高いセキュリティレベルの本人認証を行います。また、口座保有者自身の操作だけで、すぐに本人確認ができる利便性の高いサービスを提供します。

     イメージ図

【今後の展開】

DNPは、オープンAPIを活用した各システムベンダーとの連動を進め、金融機関の口座保有者に対して、非対面での本人認証と本人確認の機能を提供していきます。
またDNPは、今まで培ってきた情報セキュリティ基盤をベースに、利用者のセキュリティおよび利便性の向上と、金融機関の事務の効率化を実現し、認証プラットフォーム事業を拡大していきます。


* OpenCanvas:NTTデータが提供する金融分野を中心としたデジタルトランスフォーメーション(DX)推進基盤
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※大日本印刷株式会社    本社:東京都新宿区 社長:北島義俊 資本金:1,144億円
   株式会社エヌ・ティ・ティ・データ  本社:東京都江東区 社長:岩本敏男  資本金:1,425億円
   横浜銀行    代表取締役頭取:川村健一