キャッシュレス決済基盤のサービス拡充しQR/バーコード決済各種に対応

インバウンドや労働人口減少への対応に向けたキャッシュレス化の促進を支援

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、多様な決済手段にワンストップで対応できる「DNPマルチペイメントサービス」の機能を拡張し、2019年3月までに各種*QR/バーコード決済に対応します。
この機能拡張により、流通・小売、飲食店等の店舗では、個々の決済サービス事業者との回線接続を行わなくても、クレジットや電子マネー、共通ポイントサービスに加えて、各種QR/バーコード決済への対応が可能になります。カードやスマートフォンなど特定の媒体に捉われない決済が可能で、顧客のニーズに合わせた支払い手段が導入でき、キャッシュレス化を推進します。
本機能の採用第一弾として、今冬に全国の丸善ジュンク堂書店にてQR/バーコード決済サービスを導入することが決定しています。

*5ブランドを予定しています。

【背景】

キャッシュレス化に対応する国内の決済インフラの整備が加速するなか、流通・小売、飲食店等では、情報セキュリティ対策の強化に加え、決済方法の拡張とそれに対応可能な店舗の増加、インバウンドへの対応などが課題となっています。
これらの課題に対してDNPは、決済情報と顧客情報をセキュアな環境で統合的に管理し、多様な決済手段に対応する「DNPマルチペイメントサービス」を2017年2月から提供しており、今回、アジアを中心に利用が拡がっているQR/バーコード決済に対応したサービスを開始します。

【サービス拡張の概要】

「DNPマルチペイメントサービス」は、加盟店のPOSや決済端末にクレジットカード情報を保持させることなく、セキュアな環境で多様な決済手段を利用できます。今回、QR/バーコード決済で多数の実績を持つ日本ユニシスグループのキャナルペイメントサービス株式会社とシステム連携を行い、将来的に同社の決済サービスの全ラインナップを提供していく予定です。

【今後の展開】

DNPは、市場ニーズに応えたあらゆる決済手段に対応するべく、本サービスの機能拡充を推進していきます。「DNPマルチペイメントサービス」の決済サービスに加えて、決済データなどを活用したマーケティング施策などを金融機関や流通・小売業等に提供し、2020年度までに累計20億円の売上をめざします。


※「DNPマルチペイメントサービス」の詳細はこちらをご覧ください:
https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1189652_1567.html
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
キャナルペイメントサービス株式会社 本社:東京 代表取締役社長:若鍋 幸太 資本金1億円