WeWork Icebergを活用しオープンイノベーションを加速

社会・生活者の課題を迅速にとらえて能動的に解決するビジネスデザインに向けて

大日本印刷株式会社(DNP)は、WeWork*が東京・渋谷で提供しているコミュニティ型ワークスペースWeWork Icebergの活用を12月3日(月)にスタートします。WeWorkのワークスペースを活用している世界中の様々な起業家(スタートアップ)や企業、多種多様な人材とのオープンイノベーションを通じて、新たな価値設計や価値創出を加速していきます。

DNPでは、社内外の力を掛け合わせ、社会課題の解決につながる新しい価値を生み出す取り組みを進めています。今回、社外のスタートアップなどとの接点拡大、新たな働き方の実現を目指し、世界中で共創の場を提供しているWeWorkにワークスペースを開設しました。


©WeWork

【WeWorkでの活動】

1. 世界中の様々なスタートアップや企業、多種多様な人材とのネットワーキング

2. 様々なパートナーとの共創による新たな価値設計や価値創出

3. イベントやネットワーキング等を通じた新規ビジネスへのマーケティング活動

【今後の展開】

DNPは、今後さらにワークスペースを積極的に活用し、新規ビジネスの創出や、新しい働き方の推進を進めていきます。


■WeWorkについて
ニューヨークに本社を置き、23ヶ国77都市280ヶ所以上の地域で展開されているコミュニティ型ワークスペースです。スタートアップから大企業まで、26万人以上のメンバーが参加し、世界中のコミュニティを通じて、お互いに刺激し合えるコラボレーション環境を提供しています。日本での展開は、WeWork Japan 合同会社(東京都港区)が進めています。