大日本印刷・東電PG・パナソニック・渋谷区 渋谷区「公園通り」周辺で配電地上機器を活用したデジタルサイネージサービスの共同実証実験を1月より開始

大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、東京電力パワーグリッド株式会社(以下、東電PG)、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)、渋谷区と共同で、2019年1月15日(火)から東電PGが所有する公園通り周辺の歩道上にある配電地上機器*1を活用したデジタルサイネージ*2による情報発信の実証実験を開始します。

【背景】

DNPはデジタルサイネージの配信運用に数多くの実績を持っており、地域と密着した平常時と緊急災害時への対応に加え、情報サービスの企画・開発等によるデジタルサイネージの付加価値を高める事業展開を推進しています。東電PGは、サービスエリア内に約5万基の配電地上機器を保有しており、今後も無電柱化の進捗により当該機器の増加が見込まれることから、その活用方法を検討しています。パナソニックは、2020年とその先のレガシーのためのまちづくりの一環として、デジタルサイネージ等を活用した情報配信について技術開発やサービス展開を推進しています。DNPは渋谷区と共同で情報発信プロジェクトに取り組んでおり、2019年1月15日開庁する渋谷区役所新庁舎のデジタルサイネージを導入しています。

【共同実証試験の概要】

本実証実験では、渋谷区役所新庁舎の開庁に合わせ、渋谷駅から新庁舎へ向かう歩道上にストリートサイネージ(R)*3を4台設置し、渋谷区の区政情報やプロモーション動画、また災害発生時に必要な情報を実証機に配信・表示します。商業施設が林立する人の往来が多い通りにおいて、ストリートサイネージ(R)による情報発信サービスの有効性や滞留性の評価および配信システムの検証を行います。

○期間:2019年1月15日~2019年12月31日

○地域:公園通り周辺(渋谷区神南1丁目宇田川町近辺)

○放映時間:午前5時~翌午前0時

デジタルサイネージ 設置イメージ

配信コンテンツ

実証実験場所(★は設置個所)
出典:国土地理院ウェブサイト(URL):http://maps.gsi.go.jp/?query=#16/35.662695/139.698708/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1

【今後の展開】

DNPは庁舎内だけでなく、今回設置する公園通りデジタルサイネージ、さらには今後導入する渋谷区内のデジタルサイネージに、渋谷区からのお知らせや区政情報などの発信に協力していきます。また、今回の渋谷区役所新庁舎でのデジタルサイネージのコンテンツ制作から運用までの実績を活かして、他の地域へデジタルサイネージの導入を進めて行きます。


大日本印刷株式会社 本社:東京新宿区 社長:北島義斉資本金:1,144億円
東京電力パワーグリッド株式会社本社:東京都千代田区 社長:金子禎則資本金: 800億円
パナソニック株式会社本社:大阪府門真市 社長:津賀一宏資本金: 2,587億円


*1 無電柱化に伴い、電柱上に設置していた変圧器や開閉器を納めた地上電気設備
*2 ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信する端末
*3 東電PG、パナソニックが共同で企画・開発する、配電地上機器専用のデジタルサイネージの商標
※記載している会社名・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。