ドイツ国際カレンダー展『gregor international calendar award 2019』で生きた植物(エアプランツ)を和紙に漉き込んだカレンダーが金賞を受賞

大日本印刷株式会社(DNP)グループの株式会社DNPコミュニケーションデザインが企画制作を手掛けた、「株式会社アクエリアス2019年オリジナルカレンダー」が、世界的なカレンダーの展示会「gregor international calendar award 2019」(ドイツ国際カレンダー展)で金賞を受賞しました。


【「ドイツ国際カレンダー展」と受賞作品について】

ドイツ国際カレンダー展は、世界各国から毎年800作品以上の応募がある欧州最大のカレンダー展示会です。1950年より開催されており、その名称はローマ教皇グレゴリウス13世のグレゴリオ暦制定にちなんでいます。2019年は1月25日~2月19日に、ドイツ・シュトゥットガルトのHaus der Wirtschaft Baden-Württembergで展示されています。
ドイツ国際カレンダー展には、提携関係にある日本国内の「全国カレンダー展」(主催:一般社団法人日本印刷産業連合会、フジサンケイ ビジネスアイ)の上位受賞作品が日独交換カレンダー審査部門に出品されており、今回は59点が出品されました。
今回DNPコミュニケーションデザインが受賞した「株式会社アクエリアス2019年オリジナルカレンダー」の最大の特長は、生きた植物(エアプランツ)をそのまま和紙に漉き込んだことです。日々成長する植物を楽しむことができ、条件が整えば花を咲かせることもあります。


■審査員による講評
「アクエリアスカレンダーは、用紙、デザイン、印刷そしてフィニッシュワークの繊細さによって私たちをワクワクさせてくれます。 『循環(めぐ)る時の輪』という発想は、すべての存在の無常性を説得力ある表現で示しており、審査員たちを唸らせる類いまれなカレンダープロジェクトです。金賞受賞おめでとうございます」


現地の展示風景

*ドイツ国際カレンダー展の公式サイト(英語)はこちら :
http://www.graphischer-klub-stuttgart.de/calendar-award-2/?lang=en
*ドイツ国際カレンダー展の様子(動画)(ドイツ語)はこちら :
https://www.youtube.com/watch?v=LciKODEb3rk&feature=youtu.be


■DNPのカレンダー企画制作の取組み
企業が制作する多様なコミュニケーションツールの中でも、年末等に顧客に配るカレンダーは、生活やビジネスシーンで1年を通して目に触れるため、企業のメッセージを伝え、ブランディングや社会文化活動を支援するものとして有効に活用されています。
DNPは「P&I(印刷と情報)」の強みを掛け合わせ、コミュニケーションツールとしてのカレンダーの価値を最大化させるため、あらゆる角度からその可能性を追求し、人々に高い価値を感じていただけるカレンダーの企画制作を推進しています。
*DNPコミュニケーションデザインの制作実績はこちら : https://www.dnp-cd.co.jp/works/