独自開発したパノラマVR制作技術を活用して、アートギャラリー空間を仮想体験できる実験コンテンツを制作

CCGA現代グラフィックアートセンターで開催中の「ヘイセイ・グラフィックス展」をインターネットで体験

大日本印刷株式会社(DNP)は、独自開発したVR(Virtual Reality:仮想現実)制作技術*1を活用して、展覧会の会場を歩いているかのような体験ができるVRコンテンツを制作しました。本制作技術は、2つの地点で撮影したパノラマ写真からVR空間のデータを作成し、その2地点を結んだVR空間を移動しながら、360度の観覧ができるように表現するものです。従来の写真やパノラマVRだけでは伝え切れないような、室内空間の雰囲気などを手軽に楽しめるVRコンテンツを制作できる技術です。

3月1日(金)~6月9日(日)に、公益財団法人DNP文化振興財団が運営するCCGA現代グラフィックアートセンター(CCGA:Center for Contemporary Graphic Art)(福島県須賀川市)*2で開催する「ヘイセイ・グラフィックス展」の展覧会の様子を体験できるVRコンテンツをDNPのWebサイトで配信します。



*「ヘイセイ・グラフィックス展」のVRコンテンツの掲載サイトはこちら →http://www.dnp.co.jp/gallery/ccga/heiseigraphics/index.html

【技術提供の背景】

「DNPの文化活動」*3は、“本業に近いところで息長く”をモットーとし、視覚芸術分野を中心とした独自の活動を、公益財団法人DNP文化振興財団と連携し展開しています。CCGAはその活動拠点の一つとして1995年に開設した美術館で、優れたグラフィックデザインやグラフィックアートの作品や資料を次世代に継承する貴重な文化遺産として保存するとともに、企画展の開催を通じて広く公開しています。今回、これらの優れた作品の展示会場の様子を臨場感あふれる形で、より多くの人に伝えていくため、VR制作技術を活用して、CCGA館内を歩いているような観覧の体験ができるVRコンテンツを制作しました。

【VR制作技術の主な特長】

1.撮影地点間で自由に視点を変更できるVR表現

2つの地点で撮影したパノラマ写真に記録された被写体の位置を画像解析し、撮影した2地点間の、どの位置からでも、視点の移動に合わせて補正した360度の光景を再現することができます。

2.視点変更時も鮮明なパノラマVR表現

CGで制作したVRと同様の鮮明な画像で、2地点間を歩いて移動するような滑らかな場面の切り替えが表現できます。バーチャル空間内を移動する際に発生しがちな不自然な画面の切り替わりや表示の歪みを抑えて、鮮明かつスムーズな場面の移動を表現することができます。

3.VR制作のコスト削減、期間短縮

複数の地点で撮影したパノラマ写真だけでVRコンテンツが制作できるため、CGを使った制作と比べて、低コスト・短期間で手軽にVRコンテンツが制作できます。

【ヘイセイ・グラフィックス展の概要】

〇会場: CCGA現代グラフィックアートセンター(福島県須賀川市塩田宮田1)

〇期間: 2019年3月1日(金)~6月9日(日)

〇開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時45分まで)

〇入館料: 一般300円/学生200円

*小学生以下と65才以上、および障がい者手帳をお持ちの方は無料

〇WebサイトURL : http://www.dnp.co.jp/gallery/ccga/

Eri Nagamine / Helvetica Design inc.

【今後の展開】

DNPはこのVR制作技術を歴史的建造物のアーカイブや工場施設・不動産物件の見学、観光地のナビゲーションなどのコンテンツ制作や配信プラットフォームに、改良を進め活用していきます。また、企業の販促用のVRサービスやコンテンツ配信サービスへの技術提供などの事業へ展開していきます。


*1 「VR制作技術」のニュースリリースはこちら → https://www.dnp.co.jp/news/detail/1190094_1587.html
*2 CCGA現代グラフィックアートセンターの詳細はこちら → http://www.dnp.co.jp/gallery/ccga/aboutus/
*3 「DNPの文化活動」の紹介はこちら → http://www.dnp.co.jp/art-culture/

※記載している会社名・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※トピックスに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。