大日本印刷とアルファドライブ 企業の新規事業の販売・マーケティングを支援

新規事業の設計から顧客フィードバックによる開発までサポートする「URERUCA(ウレルカ)」開始

大日本印刷株式会社
株式会社アルファドライブ

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と株式会社アルファドライブは、2019年8月6日、企業内で新規事業を立ち上げる際に必要なマーケティング・セールスに関する各種機能を提供する「URERUCA(ウレルカ)」のサービスを開始します。

企業内の新規事業開発関連の部署やプロジェクトに対して、DNPのマーケティング・セールス支援機能を活用して、新規事業の立ち上げ時および拡大時期に特化したサービスとして提供することで、有効なマーケティング・セールス手法の実現を支援します。


【「URERUCA(ウレルカ)」開始の背景】

企業内で新規事業の立ち上げや拡大を行う場合、新規性があることが前提となるため、営業やマーケティング等のノウハウや成功モデルが確立できておらず、適切なマーケティング活動を行って販売できる人材の確保が難しく、担当者の活動の内容も限定されるといった課題がありました。

こうした課題に対して今回、企業内での新規事業開発の支援を専門とするアルファドライブと、デジタル・アナログ双方の横断的なマーケティング・セールス実績を持つDNPが連携し、「実際の販売」を想定した新規事業全体の設計から、施策の実施・検証、顧客の声を反映させた製品やビジネスモデルの開発まで、トータルに支援するサービスを開始します。


【「URERUCA(ウレルカ)」の概要】

新規事業開発時に特化したマーケティング・セールス支援サービスです。企業が顧客とのコミュニケーション施策を実施するための「①仮説の設計」から、「②手段の設計」、「③販売」、「④施策の検証」、および「⑤顧客からのフィードバックを反映したビジネスモデルや製品開発の支援」まで、一括した機能を提供します。

新規事業の検証に必要な施策として、WebサイトやSNS、メール等を活用したデジタル施策のほか、DNPの全国38か所の営業ネットワークの活用、DMや店頭でのリアル施策を含めた網羅的なマーケティング・セールス施策の実施や検証を支援していきます。

両社の強みを活かして、営業体制を短期間に立ち上げて「実際の販売」を行い、その結果を検証して、顧客の声を集めていきます。「製品・サービスは完成したが顧客への販売チャネルが築けていない」、「事業の規模拡大のための人員が必要」といったニーズに有効なサービスです。

【想定販売価格(税抜)】

1案件につき5百万円から。(案件に応じて価格は変動します。)

※本サービスの販売窓口は、株式会社アルファドライブです。


【今後の展開について】

DNPは、さまざまな企業の新規事業開発を支援し、企業間連携によるオープンイノベーションを推進して価値創出につなげていきます。

アルファドライブは、URERUCAの提供を通じて、新規事業の立ち上げから拡大につながる支援を強化していきます。


さらに詳しい情報はhttps://ureruca.alphadrive.co.jpをご覧ください。



大日本印刷株式会社本社:東京都新宿区、社長:北島義斉、資本金:1,144億円
株式会社アルファドライブ本社:東京都千代田区、社長:麻生要一、資本金:380万円

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※「URERUCA」は、株式会社アルファドライブの商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。