国際ブランドデビット決済の導入を容易にするASP型パッケージを開発

オリコに採用され、トマト銀行の「トマトMastercard®デビット」向けに提供

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、VISAやMasterCard等の国際ブランドのデビット決済(即時払い)の導入・運用に必要な機能を提供する「DNP国際ブランドデビット 決済サービス」について、7月31日に、インターネット上のアプリケーションとして利用できるASP(Application Service Provider)型での提供を開始します。

DNPは当ASPサービスを複数の金融機関で利用できるマルチテナント方式で提供し、カード発行会社や地方銀行等は、利用者にとって安全・安心で便利な決済サービスを比較的低コスト・短納期で導入できます。

当ASPサービスは、第一弾として、株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)に採用され、株式会社トマト銀行の「トマトMastercardデビット」で運用を開始します。

「トマトMastercard®デビット」券面イメージ

【サービス開始の背景】

キャッシュレス化の推進にともない、購入の際、即時に銀行口座から代金を引き落とせる国際ブランドデビットの導入を検討する金融機関が増加しています。

このニーズに対応してDNPは今回、国際ブランドデビットの導入に必要な機能をパッケージ化して、複数社が共同で使用できるASP型のサービスを開発しました。DNPが2019年1月から提供している、キャッシュレス対応をトータルに支援するプラットフォーム上で、国際ブランドデビット決済サービスを低コスト・短納期で運用することのできるサービスとして提供します。


【「DNP国際ブランドデビット 決済サービス」“ASP型パッケージ”について】

1. 金融機関がブランドデビット決済サービスを導入するにあたり、設定すべき必要な項目を標準パッケージ化しました。独自に機能を開発して、サービスを開始する場合と比較して、必要な期間が約半分に短縮できます(当社比較)。

2. 3Dセキュア、ICカードの製造・発行、口座開設アプリ、カードの即時発行、マルチペイメントサービス、デジタルマーケティングサービスなど、DNPが提供する決済関連の各種ソリューションとスムーズに連動させることができます。

3. 費用は、月額固定費用+月額利用金額(使用量に応じた従量課金制)で提供します。


【今後の展開】

DNPは、キャッシュレスプラットフォーム上の各サービスを機能的に連動させて提供することで、金融機関や小売・流通業などのキャッシュレス化をトータルに支援し、2023年度中に30億円の売上を目指します。


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。