DNPコミュニケーションデザイン LINE公式アカウントを活用した店頭マーケティング支援サービスに新機能を追加

ロクシタンジャポン株式会社がメンバーズカードの機能拡張に導入

大日本印刷株式会社(DNP)のグループ会社で、企業の総合的なマーケティング施策を行う株式会社DNPコミュニケーションデザインは、LINE公式アカウントのMessaging APIを活用した自動会話プログラム(チャットボット)を用いて、生活者のニーズに合わせて企業の情報を発信する「DNP Chatbotプラットフォーム」を提供しています。

今回、LINE公式アカウントを活用した店頭でのマーケティング強化に向けて、①スタンプラリー機能、②プレゼント/クーポン提供機能を追加しました。提供中のビジネスインテリジェンス(BI)*1解析機能や、導入企業のマーケティングオートメーション(MA)*2ツールとの連携機能とも連動させて、企業の顧客である生活者の属性や行動などに合わせたマーケティング施策を行うことができます。

本機能は、第一弾として、8月21日よりロクシタンジャポン株式会社のLINE公式アカウントで利用できます。

【新機能の概要と特長】

企業のLINE公式アカウント向け「DNP Chatbotプラットフォーム」は、企業が保有するシステムと連動して、チャット形式の自動応答による各種サービスや、メンバーズカード等の提供ができます。

今回、LINEのLINE Front-end Framework(LIFF)の機能上に、①スタンプラリー機能、②プレゼント/クーポン提供機能をWebアプリとして実装しました。主な特長は次の通りです。

1.顧客は店頭での支払い時に、LINE公式アカウント上でメンバーズカード、スタンプカード、クーポン等を提示することができます。店舗の接客負荷の低減にもつながります。

2.LINE公式アカウント上に、顧客一人ひとりに合わせてパーソナライズされた最新のプレゼント情報やクーポン情報が届きます。顧客はこうしたお得な情報を見逃すことなく利用できるようになり、企業は実店舗への来店促進が期待できます。

【ロクシタンジャポンでの活用事例】

ロクシタンジャポンは、2018年11月に基幹システムとDNP Chatbotプラットフォームを連動させ、同社の店舗やネットショップの会員とLINEアカウントを関連づけるようにしました。これにより、特に、新規顧客の獲得、上位顧客の育成、プロモーションの拡大を行うことが可能になりました。2019年7月時点で、店舗やネットショップを利用している全会員の25%以上、上位顧客の30%以上がLINEアカウントとして関連付けられており、同社はLINEアプリを活用した、より細やかなマーケティング活動が可能になっています。

今回スタンプラリー機能とプレゼント/クーポン提供機能が追加されることで、自社のMAツール等を利用したメッセージ配信に加えて、さまざまなコミュニケーション施策を行うことが可能になり、CRM(顧客関係管理:Customer Relationship Management)活動の活性化が期待されています。

【今後の展開】

小売・流通業などに向けて、LINEアカウントと企業の会員との連動、店頭誘引策としてのポイントサービス、スタンプラリーやクーポンのサービスなど、新規会員の獲得や顧客育成に向けたデジタルマーケティング機能を提供し、関連する事業を拡大していきます。


■ロクシタンジャポン株式会社での採用例

  

メンバーズカード                                      スタンプラリー                                   クーポン

*ロクシタンとは: 1976年に南仏プロヴァンスで創業した同社は、厳選された植物素材を使用したスキンケアやボディケア、フレグランス製品などを通じて、プロヴァンスのライフスタイルを提案するコスメティックブランドです。植物原料とエッセンシャルオイル(精油)をベースとするスキンケア商品の先駆けとしてスタートして以来、上質なアイテムの数々を90ヶ国以上の約3,000店舗で展開し、世界のセレブをはじめ、こだわりを持つ人々等に愛されています。


*1 ビジネスインテリジェンス : 企業等の各種データを収集・分析し、経営の意思決定に役立てる手法・技術
*2 マーケティングオートメーション : 顧客を開拓する企業のマーケティング活動を可視化・自動化すること
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。