大日本印刷と丸善ジュンク堂 ジュンク堂書店池袋本店にデジタルシェルフを導入し、新たな書店メディアの実証実験を開始

大日本印刷株式会社(DNP)と株式会社丸善ジュンク堂書店は、ジュンク堂書店池袋本店にプロジェクターとセンサーを搭載した書棚型デジタルサイネージ「デジタルシェルフ」を導入し、動画やメッセージ等の配信による新たな書店メディアの実証実験を開始しました。

DNPは2019年3月に、米国の流通・小売大手Kroger(クローガー)と、「デジタルシェルフ」とその関連サービスを日本市場で展開するための共同研究を開始しており、食品スーパー、家電量販店、ドラッグストア等さまざまな業態の小売と実証実験を進めています。今回、その一環として書店向けにカスタマイズした「デジタルシェルフ」の運用テストを実際の店舗で実施し、その広告効果を検証します。

【実証実験の背景】

書店店頭での販売促進施策の一つとして、従来から紙製のPOP広告などを掲示していますが、書店員がPOP広告を手書きしたり、差し替えたりする作業負荷が大きく、その負荷軽減とともに、アイキャッチ効果の高い動画広告も表示したいという要望がありました。このような課題に対してDNPは、「デジタルシェルフ」にセンサーを搭載して、来店客が棚前に立ち止まったり、商品を手に取ったりした回数を計測して、動画広告に興味を示したかどうかを確認し、効果的な売り場作りにつなげていくための運用テストを実施します。

【プロジェクターとセンサーを搭載した「デジタルシェルフ」の特長】

1.動画による効果的な広告を配信

書棚の内部にプロジェクターを装備しており、紙のPOPではできなかったインパクトのある映像表現が可能です。映画化された書籍の動画広告や書店員のおススメ情報など、書棚の書籍に合わせた広告等を随時配信します。また、一般的な電子POPよりも画面が横長で大きいため、高いアイキャッチ効果が期待できます。

2.顧客の購買行動の可視化

来店客がデジタルシェルフの前で立ち止まった頻度や書籍を手に取った回数などをセンサーで計測します。「来店客が棚の前でどのように行動したか」「動画広告で足を止めた来店客は書棚に手を伸ばしたか」など、これまで把握が困難だった来店客の行動を可視化します。また、POSデータと組み合わせることで、顧客の購買行動を分析し、効果的な売場作りにつなげていきます。

3.広告や動画をリアルタイムに配信し、書店員の業務負荷を軽減

従来は書店員が、書籍の入れ替えと連動して紙のPOP広告の差し替えを行っていましたが、デジタルシェルフ用の広告は、インターネット経由で管理して配信するため、書店員の負荷を軽減します。また、容易に広告データの差し替えの設定ができるため、紙のPOP広告以上に、状況に応じた柔軟な広告配信が行えます。

ジュンク堂書店池袋本店では、デジタルシェルフに加え、1階レジカウンター壁面に49インチのデジタルサイネージ4面を、入口付近中央の柱面に55インチの縦型デジタルサイネージを新たに導入し、書籍・雑誌の情報のほか、映画やエンタメ、イベント情報等を発信します。今回、複数の新たなデジタルサイネージを同時に導入することにより、店舗全体で一体感のある販売促進施策を展開します。

【今後の展開】

DNPと丸善ジュンク堂書店は、出版社と生活者の新しい接点を提供するメディアとして書店を位置づけ、ポスターの掲示やパンフレット等の設置、ブックカバーや商品サンプル等の配布を展開しており、今回のテストを通じて、新たな書店メディアを推進し、メディア事業の売上拡大に努めていきます。


*デジタルシェルフの詳細はこちら →https://www.dnp.co.jp/news/detail/1191061_1587.html
※記載している会社名・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。