(第13回)東日本大震災復興支援-社員・家族による現地ボランティアを実施しました-

DNPは東日本大震災の被災地復興支援の一環として12月6日(金)と7日(土)の2日間、岩手県陸前高田市において、グループ社員による支援活動を行いました。今回の活動には、社員15名、社員の家族3名の計18名が参加しました。

6日午前、「高田松原津波復興祈念公園」を視察し、その後、高田松原の松苗植樹地の石を取り除く作業を行いました。これは除草活動時に、刈払い機による「飛石」の危険を防ぐためで、雑草が生えていない冬期に実施する必要がある作業とのことでした。

7日は、市内二ヵ所の災害公営住宅にて、入居者宅へ伺い、台所の換気扇・エアコン・窓・網戸の清掃のほか、集会所・居室前廊下などの共用部の清掃もあわせて、行いました。入居者の高齢化が進み、特に共用部については普段あまり手が付けられていないとのことでした。

DNPはこれからも被災地復興のため、常に私たちに何ができるかを考え、被災地の復興と活性化につながる活動を継続していきます。


◆2日間現地のコーディネートをしていただいた 一般社団法人マルゴト陸前高田
http://marugoto-rikuzentakata.com/
(外部サイト)