事業を通じた価値の創造

DNPは、「P&I(Printing & Information)」の強みを継続的に発展させ、多様なパートナーの強みと掛け合わせていくことで、社会課題の解決に寄与する新しい価値を創出していきます。

持続可能な社会へ、新たな価値を

「未来のあたりまえをつくる。」
DNPはこの言葉に、私たちの製品・サービスが生活を豊かにするものとして、人々の身近に“あたりまえ”に存在するようにしていきたいという気持ちを込めています。
DNPが描く未来の社会は、持続可能な、SDGsが達成された豊かな社会。私たちはSDGsを「よりよい社会づくりのものさし」のひとつとして、「4つの成長領域」で新たな価値を提供していきます。

製品・サービスを通じて達成を目指す主なSDGs目標

  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう


リスクとチャンス

DNPは、企業理念に基づき、社会の課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値を提供し続けていくために、経済・社会・環境に関する課題とリスクを正しく認識し、【価値の創造】と【価値創造を支える基盤】の活動を通じて、事業環境の急激な変化にも対応していきます。

リスクの特定

グローバルな社会課題やESGのトレンド*を分析し、経済・社会・環境の課題を広範囲に抽出しています。これらの課題について、ステークホルダーの関心・影響やDNPにおける重要度の観点から、活動の優先順位付けおよび目標の設定を行っています。

  • *SDGs、GRIガイドライン、国連グローバル・コンパクト、ISO26000、DJSI、FTSE4Good、MSCIGlobalSustainabilityIndexesなど

DNPグループの事業におけるリスクと課題を抽出し、活動の優先順位を設定する過程を説明した図の画像です。ESGにおける事業とリスクをSDGsを用いて抽出しています。

抽出された課題とリスクを、ステークホルダーの関心とDNPにおける重要度の2軸で整理し、活動の優先順位付けを行なっています。

価値の創造

リスクを事業機会の拡大のチャンスに変え、SDGs達成に貢献。事業活動を通じて社会課題の解決を目指します。

価値創造を支える基盤

CSRマネジメントにおける重点テーマを定め、PDCAを推進することで、想定されるリスクの影響を最小化します。

4つの成長領域における事業化の推進

DNPは今、国内外で影響が拡大している社会課題に対して、事業を通じて、その解決を図っていく取り組みに力を入れています。「P&I」の強みでモノづくり基盤とICT基盤をより強固なものにし、DNPならではの事業化テーマを選定して、新しい価値を生み出していきます。

4つの成長領域と事業化テーマ

DNPグループが事業を通じて解決につなげられる可能性のある社会課題を、DNPの考える4つの成長領域の上にマッピングした図の画像です。

4つの成長領域と事業化テーマ(1.8MB)(PDFを開く)

事業化事例 (DiscoverDNP記事)