事業を通じた共有価値の創造

DNPは、「P&I(Printing & Information)」の強みを継続的に発展させ、多様なパートナーの強みと掛け合わせていくことで、社会課題の解決に寄与する新しい価値を創出していきます。

持続可能な社会へ、新たな価値を

私たちの事業活動は社会と深く関わっています。
社会に対して負のインパクトをなくしていくように-
そして
社会に対して正のインパクトを増やしていくように-

2015年9月、すべての国連加盟国(193ヵ国)によって「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは、行動計画として、「持続可能な開発目標(SDGs)」をかかげており、17の目標と169のターゲットに全世界が取り組むことによって「誰一人取り残さない」世界の実現を目指しています。
「DNPグループビジョン2015」が描く未来の社会とは、持続可能な社会、つまり、SDGsが達成された豊かな社会だと考えています。
これらの企業の責任を果たしていくため、事業活動のあらゆる側面を通じて、SDGsを「より良い社会づくりのものさし」として活用し、新たな価値を提供していきます。
私たちは、製品・サービスを通じた「価値創造」と、バリューチェーンにおける「価値創造を支える基盤」を通じてSDGsの達成に主体的に貢献していきます。

DNPの事業活動が向き合う主なSDGs目標

  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

2030アジェンダ 国連広報センター(別ウィンドウで開く)

DNPの事業化事例

事業化事例

「IoT」にS(セキュア)を加えて、安全・安心に情報をやり取りできる社会に

IoST

例えば自動車の自動運転など、「モノ」がインターネットを通じて情報のやり取りをするIoT(Internet of Things)が期待を集めています。しかしながら、便利な一方で、それを安全・安心に利用するためには、IoTにさまざまな脅威を防ぐセキュリティ対策が必要不可欠です。 DNPは、創業以来培った高度なセキュリティ技術を活用し、IoTにS(セキュア)を加えるサービスを提供。インターネット上を行き来するモノや人からの「情報」を安全に守り、社会がIoTの「便利さ」と「安心」とを同時に感じられる「未来のあたりまえ」をつくっていきます。

モノから上がる情報・モノに指示する情報を守る
“IoST”の位置づけ

IoSTプラットフォームとIoTサービスの相関関係

対応するSDGs

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 13 気候変動に具体的な対策を
関連リンク

ユニバーサルデザインの思想と技術で「多様な人々の社会参加」実現に貢献する

ユニバーサルデザイン

人々の生活に寄り添う製品やサービスを生み出す企業の責任として、DNPは創業以来、わかりやすさ・使いやすさを追求してきました。
その中のひとつが「ユニバーサルデザイン」です。
誰もが安心して暮らし、活躍できる社会には、人と人が互いに理解し、情報や思いをわかりやすく適切に伝えあうコミュニケーションが重要です。また、中身を守るだけでなく、使う人にとっても安全で使いやすいパッケージも豊かな暮らしには必要です。言語や障がい、年齢や性別などがバリアとならず、多様な状況において、誰もがわかりやすい・使いやすい製品・サービスを社会に提供することで、SDGsの理念である「誰一人取り残さない」世界を実現します。

誰でもラクラク開けられる「易開封包材」

カラーユニバーサルデザイン・マネジメントシステム認証

対応するSDGs

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
関連リンク

再生可能な資源を原材料に有効活用することで、恵み豊かな地球環境との共生をめざす

再生可能資源

DNPは持続可能な社会の実現に向けて、再生可能資源の活用を進めています。
例えば、事業活動を行う上で生態系への依存と影響が大きい「紙」。DNPは、持続可能な森林資源の維持に配慮し、原材料を有効活用するため、間伐材の利用や森林認証紙の使用などを積極的に進めています。また、植物由来の原料を一部に使用した包材用プラスチックを開発し、製品のライフサイクル全体を通じたCO2排出量の削減と、持続可能な資源の調達を目指しています。

持続可能な森林資源の維持を目的として
「DNPグループ 印刷・加工用紙調達ガイドライン」を制定

原料の一部に植物由来の材料を使用した
「DNP植物由来包材 バイオマテック」

対応するSDGs

  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう
関連リンク

機能性の高いフィルムが、環境にやさしく、豊かな暮らしを作りだす

機能性フィルム

DNPは、金属に微細なパターンを形成するフォトリソグラフィー技術や、インキ等の部材を均一に塗布するコーティング技術など、印刷事業で培ってきた技術を進化発展させて応用することによって、「光」「熱」「水」などを制御する機能性フィルムを生み出してきました。これらの機能がもたらす付加価値は、省エネと省資源を推進し、経済的な発展と地球環境の保全の両立を目指しています。

電力を使わず、手軽に保冷空間を作れる
「DNP多機能断熱ボックス」

薄くて軽いフィルムで、電池の内容物を保護する
「リチウムイオン電池用バッテリーパウチ」

対応するSDGs

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
関連リンク

DNP独自のコア技術の応用で、生命と健康に関わる、人々のQOLの向上に貢献する

ライフサイエンス

DNPは「P&I」の強みとバイオテクノロジーなどの技術を掛け合わせ、「医療用部材」「医療用画像処理」「予防医療」「再生医療」の分野でライフサイエンス事業の拡大を図っています。
画像処理・認識技術を活用し、細胞の画像を解析して非破壊での細胞検査技術や、情報処理技術を活用した遠隔画像診断支援サービス、薄膜多層パターニング技術を利用した幹細胞培養システムなど、生活者の暮らしを豊かにするサービスの開発を進めています。

「DNP受精卵用ディッシュ LinKID」

地域医療へ貢献する遠隔画像診断支援サービス事業を展開

対応するSDGs

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 12 つくる責任つかう責任
関連リンク

4つの成長領域における事業化の推進

DNPは、4つの成長領域で価値の創出に取り組んでおり、SDGsのターゲット年である2030年やその先のより良い未来の姿を描き、事業を通じた課題の解決を推進します。

4つの成長領域と事業化テーマ

4つの成長領域と事業化テーマ(2.5MB)(PDFを開く)