製品の安全性と品質

DNPは、製品やサービスを社会に提供する企業の責任として、安全性と品質がすべてに優先すると認識しています。そのためDNPは、絶えず製品やサービスの使用場面をイメージし、「何が求められる品質で、何が安全で、何が使いやすいのか」を生活者視点・顧客視点で考え、改善を繰り返しています。また、企画提案から納入までのすべての段階において人々から満足いただける製品・サービスの提供に努め、一層の信頼を得ていくことを、安全性と品質への取り組みの基本としています。

中長期ビジョン

製品・サービスを社会に供給する企業の責任として、安全性や品質の確保を最優先することで、社会の信頼を獲得する。

対応するSDGs

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12 つくる責任つかう責任

達成状況を測る指標および実績

中長期ビジョン達成状況を測る指標 目標値 実績
  • 製品における重大な事故※発生件数
  • 新規開発品の製品安全リスクアセスメント実施率
  • 0件
  • 100%
最新年度実績へ
  • 重大な事故:当社製品の欠陥によって、製品使用者の生命、身体に重大な被害を及ぼした場合、製品以外の財産に重大な影響を及ぼした場合が対象。

マネジメントシステム

DNPグループの品質経営(社内体制)

DNPの品質経営の基本方針は、製品・サービスに求められる規格や法の規制に適合することはもちろん、顧客企業や生活者のニーズと期待を上回る品質と安全性を有した製品・サービスを提供し、企業としての社会的責任を果たすことです。その推進のため、本社「品質保証・製品安全委員会(委員長:常務取締役)」のもと、各事業部・グループ会社にも同委員会を設け、製品の安全性および品質確保のために実施すべき事項を全社ルールとして定め、品質マネジメントシステムと製品安全管理の体制を構築し、運用しています。

DNPグループの品質保証・製品安全管理体制を図式化した画像です。委員会の下、各事業部・グループ会社・工場との間に事務局を設置しています。

安全性および品質を確保するためのマネジメント

DNPは、製品の安全性および品質確保のために各事業部・グループ会社が実施すべき事項を全社ルールとして定めています。そのルールにもとづき、年2回、全社の活動状況や課題などが「品質保証・製品安全委員会」に報告され、方針や目標の見直しおよび改善に関する指示が出されます。これに従って本社の統括部門がより高い安全性と品質確保をめざして、事業部・グループ会社に指導を行っています。

また、顧客企業や市場の要求に応じて、品質マネジメントの国際規格であるISO9001をはじめ、食品包装分野で食品安全マネジメントシステムFSSC22000の認証を、情報管理分野でITセキュリティ認証(ISO/IEC15408)や個人情報保護(プライバシーマーク)、情報セキュリティ(ISO27001/ISMS)や事業継続マネジメントシステム(ISO22301/BCMS)などの認証を取得しています。

DNPグループが安全性と品質を確保するための仕組みを説明した図の画像です。基準に従った製造・検査・管理を行い、設計や製造プロセスの見直しを継続しています。

規格取得状況

リスクチェックと社員教育

製品の安全性確保は、継続的に取り組むことが必要です。 製品の安全性に関するリスクチェックを、製品開発時に加えて、全製品群に対して年2回実施しています。リスクチェックの結果、製品や製造技術について、安全性確保のため設計変更や技術の改善が生じた場合は、その改善とともに、内容を製品安全基準として文書化し、運用しています。
また、社員に対する研修も1994年から実施し、2000年度からはeラーニングとして全社員が受講しています。

DNPの主な取り組み

品質不正防止に対する取り組み

DNPは、法令順守と品質・安全性の確保に努め、法令違反や品質不正に対する危機管理を十分に行い、未然防止に取り組んでいます。
日本国内で相次いだ品質不正問題の発生を受け、DNPでは同様の問題を自社において発生させないために、ISOなど外部による認証・診断に加え、本社主導による品質マネジメントシステムの妥当性確認を行うことで、仕組みの強化を図り、各事業部門への是正・指導を行っています。
また、品質管理体制の強化とそれを確実に実行するための顧客企業との仕様の取り決め、検査の信頼性確保などの全社ルールについて、役割に応じた部門別教育を継続的に実施しています。