グループビジョン/行動規範

DNPグループのビジョンや企業理念、行動規範を紹介します。

DNPグループビジョン2015

DNPは明治9年(1876年)に秀英舎として創業。その舎則には「文明ノ業ヲ営ム」という表現があり、明治維新後の文明開化のなかで、新しい価値を提供していく志を示していました。

その志はいまにつながり、「DNPグループビジョン2015」として、DNPのあらゆる活動を支えています。

企業理念,事業ビジョン,行動指針,それら3つから構成されるDNPグループビジョン2015の概念図,概念図の詳細は、以下、本ページ内で詳しく述べます。

企業理念

DNPグループは、
人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する。

DNPグループは

「人」のニーズをかたちにして「社会」に提供します。
「社会」のニーズをかたちにして「人」に提供します。

事業ビジョン

P&Iイノベーションにより、
4つの成長領域を軸に事業を拡げていく。

P&Iイノベーション

「P&I(Printing & Information)」というDNPの強みを生かし、多くのパートナーの皆さまとともに、 今までにない新しい価値を創造することを「P&Iイノベーション」と呼んでいます。

4つの成長領域

  • 知とコミュニケーション

    世界の人々が安全・安心にコミュニケーションの機会を拡大し、知を交換・継承できる未来

    心地良いコミュニケーションを通して暮らしを支え、文化を育んでいく価値を提供していきます。情報メディアやコンテンツの制作、情報セキュリティに守られたサービスの充実などを通じて、人々が望む情報を欲しい時に最適なカタチで提供し、世代から世代へと知を伝えていきます。

  • 食とヘルスケア

    世界の人々の生命への不安が解消され、生涯にわたって、安全・安心で質の高い生活を全うできる未来

    世界の人口動態が変化し、国内の少子高齢化が進むなか、安全で質の高い生活を支え、生涯にわたる健康維持をサポートする価値の創出に取り組んでいきます。機能的で衛生的なパッケージで食のバリューチェーンを支え、ライフサイエンス関係のビジネスで健康寿命の延伸にも挑戦します。

  • 住まいとモビリティ

    世界の人々が暮らし、移動するあらゆる生活空間が安全・安心に保たれている未来

    住宅や店舗、オフィスや病院、自動車や鉄道車両など、人々が日々生活していくすべての空間に、高い安全性と快適性という価値を提供します。空間を心地良いものにする機能をプラスし、デザイン性に優れた製品を開発するとともに、IoTとも掛け合わせてスマート社会の実現に貢献します。

  • 環境とエネルギー

    地球環境への負荷を減らし、世界の人々と地球が共生できる持続可能な未来

    経済的な発展と地球環境の保全を両立させる持続可能な社会の実現に向けて、多様な製品・サービスの開発を加速させていきます。光や熱をコントロールする機能性フィルムや情報技術などの強みを掛け合わせて、省資源や省エネ、生物多様性の保全などにつながる価値を提供していきます。

行動指針

対話と協働

DNPグループの一人ひとりは、それぞれの分野でプロフェッショナルとなり、社内外で積極的に対話を繰り返し、協働していくことで、今までにない斬新な製品・サービスを生み出します。

「対話と協働」で生み出すイノベーション

DNPグループ行動規範

自信と誇りをもって、誠実に行動します。

1. 社会の発展への貢献
「私たちは、事業を通じて新しい価値を提供することで、社会の発展に貢献します。」
1. 企業市民としての社会貢献
「私たちは、社会とともに生きる良き企業市民として社会との関わりを深め、社会のさまざまな課題解決や文化活動を通じて社会に貢献していきます。」
1. 法令と社会倫理の遵守
「私たちは、法令および社会倫理に基づいて、常に公正かつ公平な態度で、秩序ある自由な競争市場の維持発展に寄与します。」
1. 人類の尊厳と多様性の尊重
「私たちは、人類の尊厳を何よりも大切なものと考え、あらゆる人が固有に持つ文化、国籍、信条、人種、民族、言語、宗教、性別、年齢や考え方の多様性を尊重し、規律ある行動をとります。」
1. 環境保全と持続可能な社会の実現
「私たちは、恵み豊かな地球を次世代に受け渡していくため、持続可能な社会の構築に貢献します。」
1. ユニバーサル社会の実現
「私たちは、あらゆる人が安全で快適に暮らせる社会の実現のため、使いやすい機能的な製品、サービス、システムソリューションの開発、普及に努め、多様な人々が暮らしやすいユニバーサル社会の実現に寄与します。」
1. 製品・サービスの安全性と品質の確保
「私たちは、製品・サービスの安全性と品質を確保し、生活者・得意先の満足と信頼の獲得に努めます。」
1. 情報セキュリティの確保
「私たちは、得意先などから預かった情報資産やDNPグループが自ら保有する情報資産(企業機密情報、個人情報、知的財産など)を保護するため、万全なセキュリティの確保に努めます。」
1. 情報の適正な開示
「私たちは、常に自らの事業や行動を多くの関係者に正しく知ってもらうため、適時・適正な情報の開示を積極的に進め、透明性の高い企業をめざします。」
1. 安全で活力ある職場の実現
「私たちは、職場の安全、衛生の維持・向上のために知恵を絞り、常に改善に努めます。また、社員の多様性に配慮した働き方を尊重し、健康で安全な活力ある職場づくりを推進します。」