無免許運転や飲酒運転を防止する「安全運転管理サポートシステム」

クルマを利用する企業向けにバージョンアップ、法令遵守に役立つ機能を搭載

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と、その100%子会社で各種IDカード用の機器等を販売する株式会社DNPアイディーシステムは、2月7日に、自動車運送事業者の乗務点呼に特化した「DNP安全運転管理サポートシステム」に、確認事項のカスタマイズ機能を追加し、営業車等を利用する企業にも使いやすくバージョンアップしました。コンプライアンス(法令遵守)の一層の徹底が求められるなか、この新機能によって、自動車運送事業者に限らず幅広い業種の企業を対象として、社員の無免許運転や飲酒運転などの未然防止につなげていくことができます。


【安全運転管理サポートシステムの概要と特長】

○本システムは、運転免許証の整合性確認(真贋判定補助機能、有効期限、資格など)のほか、アルコールチェック、車両管理、鍵の管理、運転者管理台帳作成などを一元的に管理します。

〇運転免許証を本システムに登録する際に、偽造判定を行います。

〇乗車前に運転免許証をIDドキュメントリーダー*1にかざすだけで、登録した運転免許証と照合し、有効期限を確認するとともに、無資格運転や免許証不携帯を防止します。

〇アルコール検知器(オプション)*2と接続することで、呼気アルコール濃度の測定・入力ができます。酒気帯び運転や飲酒運転の見逃し防止につながり、コンプライアンス違反を未然に防ぎます。

〇点呼や対面確認による運転者の管理、および、車両や配車の情報等の記録・出力・保存による管理を効率化します。

*詳細はこちらをご覧ください。https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190577_1567.html

安全運転管理サポートシステム イメージ

■システム構成

・ IDドキュメントリーダー(ID-SR1)および専用アプリケーション(ID-VD-3)

■オプション(他社製品・別売)

・ アルコール検知器 : 5社7機種のアルコール検知器と接続可能です。

・ webカメラ : Logicool社製・C615Nを推奨しています。

・ 重要物管理機 : 車両の鍵、ETCカードや私物、社員への貸与物を管理するボックスです。

(グローリー社製・IB-3000)

■提供価格

248,000円~(税抜) ※別売オプション製品は含まれません。


【今後の取り組み】

DNPアイディーシステムは、バス、トラック、タクシーを使用する自動車運送事業者のほか、営業や配送、保守などで車を利用している企業全般に向けて本システムを販売し、2023年度までに約2億円の売上を目指します。


○DNPアイディーシステムについて

1983年に設立し、官庁関係等のICカード身分証用の機器や材料を販売する事業と、本人確認を中心とするIDソリューション事業を展開しています。また、口座開設時に申込者の本人確認を必要とする金融機関等の企業に、運転免許証等の公的身分証の真贋判定補助および本人確認業務を行う「ID確認システムPRO」*3を提供しています。


大日本印刷株式会社 本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円
株式会社DNPアイディーシステム  本社:東京 代表取締役社長: 尾﨑信太郎 資本金:6,000万円
*1 IDドキュメントリーダー https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190584_1567.html
*2 アルコール検知器はオプション別売です。アルコール測定値の手動入力も可能です。
*3 ID確認システムPRO https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190328_1567.html

※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。