アグレックスのベトナム子会社と資本業務提携を実施

BPOサービスにおける入力業務のオフショア拠点を整備

大日本印刷株式会社
株式会社アグレックス

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)と株式会社アグレックス(本社:東京 代表取締役社長:八尾政範 以下:アグレックス)は、アグレックスの子会社としてベトナムで主に日本語データ入力サービスを展開するAGREX (Vietnam) Co., Ltd.(本社:ベトナム ハノイ ゼネラルディレクター:福田淳志 以下:AGV)にDNPが出資するための契約を2020年4月に締結し、これによりDNPとAGVは資本業務提携を実施します。 

今回の提携によりDNPは、自社のセキュリティ基準に則した BPOサービスにおける入力業務の海外(オフショア)拠点としてAGVを活用することで、BPOサービスのさらなる強化を図ります。 

【AGVとの提携について】 

DNPは、企業や団体などから重要情報を預かり、各種通知物のデータプリントや申請書類の受付、コンタクトセンターの運営など、幅広いBPOサービスを提供しています。DNPのBPOサービスは、業務プロセス全体に必要な機能をワンストップで提供できることを強みとしています。 

近年は国内での慢性的な人材不足や働き方改革の促進にともない、業務効率化と品質向上などを目的としたBPOへの需要が高まっています。BPOサービスの入力業務において、DNPではAIを活用したOCR(光学文字認識)技術の導入やオフショアを活用した拠点の整備を進めています。 

AGVは、日本において50年にわたりBPO事業を展開してきたアグレックスのBPOノウハウや人材教育などをもとに、ベトナムで日本語データ入力に強みを持つBPO企業です。DNPは入力作業を高セキュリティな環境下で、高い品質かつ高い効率で行える拠点の増強に努めており、日本のBPO業務に強みを持つAGVと提携することとしました。 

今回の資本業務提携により、DNPはオフショア拠点での安全かつ高品質な入力業務を実現します。また、AGVは今後さらなる多様化が見込まれる日本国内からのオフショア需要に対して、高い品質と生産力を伴ったデータ入力事業の進化と拡大を目指します。 


大日本印刷についてhttps://www.dnp.co.jp/) 

DNPは、1876年の創業以来、幅広い事業分野で多様な製品やサービスを提供する世界最大規模の総合印刷会社です。独自の「P&I」(印刷と情報:Printing & Information)の強みを掛け合わせるとともに、社外の多くのパートナーとの連携を深めて、社会課題を解決し、人々の期待に応える「新しい価値」を創出しています。BPO事業については、高度な情報セキュリティの強みを活かし、各業界の業務プロセス全体をカバーするトータルなサービスや、BCP対応を実現するサービスなどを提供しています。 

アグレックスについてhttps://www.agrex.co.jp/) 

アグレックスは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、SS(ソフトウェアソリューション)、SI(システムインテグレーション)を柱とする総合情報サービス企業です。1965 年の創業以来、半世紀にわたり、大量のデータを抱える企業の煩雑な業務処理を一手に引き受ける独自のアウトソーシングビジネスを中心に事業を展開し、その後システム開発・運用へとその領域を拡大してきました。アグレックスは、業務処理と IT のノウハウを総合化・融合化し、お客様に最適なソリューションを提供し続けます。 

AGREX (Vietnam)についてhttps://agrexvn.com/) 

AGVは、アグレックスが2013年にベトナムハノイにオフショア拠点として設立した、日本語データ入力を主軸としたサービスを展開するBPO企業です。アグレックスのBPOノウハウと、独自の連想入力方式や教育手法を流用することで、日本語を母国語としない人材でも日本語入力が可能となり、日本基準の高品質かつ高セキュリティなサービスを提供しています。 

● 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。 
● 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。