大日本印刷と可動式ベビーケアルームを展開するTrim社が資本業務提携

商業施設などで子育て世代が安心して利用できる空間づくりを推進

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と、可動式ベビーケアルーム「mamaro®(ママロ)」を展開するTrim株式会社(以下:Trim)は、2020年5月に資本業務提携を行いました。

mamaroは、小さな子供と外出した際に、手軽に授乳や離乳食、オムツ替えなどのベビーケアに利用できる完全個室型の設備です。商業施設や公共の空間などにmamaroがあることによって、子育て世代の家族が安心して、ショッピングやレジャーを楽しむことができます。

 

商業施設内などでの設置・利用イメージ(左:イオンスタイル仙台卸町(宮城)、右:市立東大阪医療センター(大阪))

室内のデジタルサイネージ(電子看板)を通じたさまざまな情報配信も可能で、DNPはこの筐体の製造を2019年11月から受託し、2020年3月から販売代理店となっています。今回の資本業務提携により、DNPはmamaroの製造や品質管理だけでなく、企業や地域の団体等への販売拡大や、配信コンテンツの企画・制作なども行い、Trimと協力してサービスの改善を図るとともに、子育て世代に豊かな生活体験を提供する空間づくりを推進していきます。

【資本業務提携の狙いと概要】

Trimは、2015年の設立時から「All for mom. For all mom.」というミッションのもと、赤ちゃんを安心してケアできる小型で可動式のベビーケアルーム「mamaro」を展開し、全国の商業施設など約170箇所に導入してきました。またDNPは、店舗や施設等の空間設計や什器の製造、コンテンツの企画・制作やデジタルマーケティングによる広告配信、センシングやIoTによるデジタルトランスフォーメーション(DX)などを推進し、生活者の体験価値を高めるサービスやプラットフォームを展開しています。

今回の資本業務提携により、両社は強みを掛け合わせ、子育て世代に豊かな生活体験を提供する空間づくりを推進していきます。2015年に国連で採択されたSDGsが標榜する「誰一人取り残さない」社会づくりが進められるなか、国内では年間出生数約90万人に対して、子育て世代の生活者が外出時に利用できる授乳室が2万箇所程度に限られています。また、そうした施設を設置する場合、工事や法定確認などの負担が大きく、十分な数を整えるには時間や費用面での課題があり、両者はこうした課題の解決に取り組んでいきます。

【ベビーケアルーム「mamaro」について】

mamaroは、幅180cm×奥行90cm×高さ200cmのスペースがあれば、どこでも設置可能な可動式のベビーケアルームです。主な特長は下記の通りです。

■「mamaro」を利用する子育て世代の生活者にとっての利点

〇鍵付きの完全個室型の設備のため、落ち着いてベビーケアに専念することができます。

〇子育て中の両親はもちろん、祖父母など子供連れのご家族等の使用も可能です。

〇mamaroの室内のデジタルサイネージで、mamaroが設置されている商業施設等の案内情報や、子育てに有益な商品・サービスの情報などを得ることができます。

〇Trimが提供する、授乳室・おむつ交換台無料検索地図アプリ「Baby map」と連動しており、利用者はアプリを利用してmamaroの設置場所や空き状況を確認できます。

■「mamaro」を設置する施設にとっての利点

〇可動式でフロア内の移動もできるため、施設の空間に合わせたレイアウトが可能です。

〇一般的な授乳室の10分の1程度の費用で施工できます。施工の際の法定確認は原則不要で、1日で設置できます。

〇センサーにより、長時間の利用時には、管理者にアラートメールで知らせる仕組みを搭載しています。

〇天井は開口率70%を確保しており、換気によって空気の滞留を防げます。

◯スプリンクラーの散水障害にならないため、什器として施設に手軽に導入することができます。

〇ウイルスの感染防止対策として、光触媒除菌機を搭載可能です(有料オプション)。

  

小さなスペースで利用可能(左 実際は完全個室です。)おむつ替えも可能(中)ルーム内備え付けのデジタルサイネージ(右)

○大日本印刷について(https://www.dnp.co.jp/)(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:北島義斉)

DNPは、幅広い事業分野で多様な製品・サービスを提供する世界最大規模の総合印刷会社です。独自の「P&I」(印刷と情報:Printing & Information)の強みを掛け合わせるとともに、社外の多くのパートナーとの連携を深めて、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える「新しい価値」を創出しています。その一環として、イノベーションをより迅速に、より効果的に実現していくため、スタートアップ企業をはじめ、多様なパートナーとの共創による新規事業の創出などを展開しています。

○Trimについて(https://www.trim-inc.com/)(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:長谷川裕介)

Trimは、「All for mom. For all mom.」をミッションとして掲げ、お母さんがより気軽にお出かけできる「子育て世代に優しい社会」の創出を目指すIT企業です。育児に関する課題だけに留まらず、社会課題を解決できるインフラとして、授乳・離乳食・オムツ替えなどに利用できる完全個室のベビーケアルーム「mamaro」の開発・販売や、授乳室・おむつ交換台無料検索地図アプリ「Baby map」の開発・運営を行っています。

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
*記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。