企業内の回覧・審査業務をリモートワークで支援

複数部門にまたがるコラボレーション作業をデジタル化する「PROMAX® NEO」を新サービスとして提供開始

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、複数部門の多くの担当者が関わる各種ツールの制作業務を、オンラインで統合的かつ効率的に運用管理するSaaS型サービス「DNP販促ツール制作支援システム PROMAX® NEO(以下:PROMAX)」の「デジタルワークフロー」と「アーカイブ機能」を強化し、さらに「セキュリティオプション」を加えた新サービスとして2020年6月19日に提供を開始します。DNPはこのサービスにより、急速に広がるテレワークで必須となる、情報漏えいリスクを低減した安全なデジタルワークフローの短期間での構築を可能とし、企業の働き方改革やペーパーレス化の推進を支援します。 

*SaaS:Software as a Service

【サービス開始の背景】

新型コロナウイルスの感染防止対策として、在宅などのリモート環境でのテレワークが常態化してきています。製品・サービスの広告やパッケージ、マニュアル・約款・契約書など、生活者向けに使うツールの制作では、紙やPDFデータに校正・審査の結果を記入して、多くの関係者が回覧・確認することが多く、こうした業務をテレワークでも安全に行えるデジタルワークフローの実現が急務となっています。

それに対してDNPは今回、オンラインの回覧・審査業務の効率化、平準化、品質向上を支援するPROMAXのデジタルワークフローとアーカイブ機能を強化し、テレワークで複数部門のデジタルアセット(資産)を利用するコラボレーション作業を円滑化していきます。また、オプションとして追加するセキュリティ機能は、総務省が策定した「テレワークセキュリティガイドライン」に準拠しています。

【PROMAXのデジタルワークフローとアーカイブ機能の強化について】

PROMAXは、業務の標準化・効率化、可視化を実現する社内外を含めたデジタルワークフローと、デジタルアセットの審査履歴やバージョン管理を可能とするアーカイブ機能を備えています。

例えば、DMの制作工程刷新のため2019年に本サービスを導入した大手保険会社では、オンライン編集機能による制作会社との業務効率化、文字などの差分比較機能による校正・承認プロセスやコンテンツ管理の効率化により、大幅な業務の合理化を実現しました。テレワークでの運用もスムーズに実施されています。今回新たに、デジタルワークフローの回覧・承認プロセスの詳細な設定を可能とし、アーカイブで扱えるデジタル素材と制作物のデータフォーマットも多様化し、本システムを適用できる審査範囲を拡張しました。また、セキュリティオプションの併用によって、テレワーク時の業務課題解決に広く貢献できるようにしました。

【セキュリティオプションの概要と特長】

(括弧内は当機能利用時の予定税抜価格)

〇テレワークセキュリティスピード診断 : 簡単なチェックシートに回答するだけで、テレワーク導入による情報漏えいリスクを可視化します。(30万円)

〇セキュリティ規定の策定支援 : テレワークに関する社内規定の整備が遅れている企業を対象に、当規定のひな型を提供します。要望に応じて、企業ごとにカスタマイズします。(50万円~)

〇端末認証サービス : 電子証明書を活用して、許可されていない端末からのアクセスを防止します。SaaS型サービスのため、短期間での導入・利用が可能です。(端末500台の場合の年間利用料 約170万円)

〇セキュアブラウザ : 接続先を限定し、かつ端末内にデータを一切残さない、セキュリティ性を高めたWebブラウザが利用できます。端末の紛失や盗難等による情報漏えいのリスクを低減します。(予定価格:月額330円/台)

※これらのセキュリティ機能は、各企業のテレワークの進展に合わせて順次拡大することができます。

【今後の取り組み】

DNPは、企業の業務効率化を推進するため、AIを活用した校正校閲業務の省力化などに取り組んでいます。金融業界向けの契約・広告物審査業務支援のほか、2019年5月に実施した食品・飲料メーカーを中心とした36社での製品パッケージの校正業務の合同検証を踏まえ、2020年秋には最新技術を搭載したPROMAXの製品化を予定しています。

*2019年5月27日ニュースリリース → https://www.dnp.co.jp/news/detail/1191338_1587.html
※「DNP販促ツール制作支援システム PROMAX NEO」の詳細はこちらをご覧ください 
https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1189537_1567.html
※PROMAXの利用料は、初期費用600万円~、月額費用40万円~、となります。
 WORD/EXCEL新旧比較機能、PDF差分比較機能は、オプション費用150万円~です。
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。