不動産テックEXPOに出展し、DNPグループの技術やソリューションを紹介

不動産の管理会社やオーナーが抱える課題をDNPの総合力で解決

大日本印刷株式会社(DNP)は、2020年12月2日(水)~4日(金)に開催される「住宅・ビル・施設Week 2020」内の第1回「不動産テックEXPO」に、日本ユニシス株式会社と合同で出展します。

(会場は、東京ビッグサイト・南展示棟1階)

【出展の概要】

「ニューノーマルなライフスタイルに貢献するP&Iテクノロジー」をコンセプトに、DNP独自の「P&I」(印刷と情報:Printing & Information)の強みを活かした製品・サービスや日本ユニシスのソリューション等を紹介します。出展ブースの3つのゾーンで、生活者のほか、不動産の管理会社・施工会社・オーナーなど、各ステークホルダーが抱える課題の解決につながり、安全・安心・便利なニューノーマル(新常態)な暮らしを実現していく提案を展開します。

1.安全・安心な暮らしをサポートするサービス&テクノロジー

抗菌・抗ウィルス性能の認証を取得している内装仕上げ材「抗菌・抗ウィルスマテリアル Pure EffectsTMシリーズ」*1をはじめ、留守宅でも置き配によって生鮮食品を受け取れる「デジタルキー付き断熱ボックス」、外出先などで安心して利用できる設置型のIoTベビーケアルーム「mamaro®*2など、不動産と関連して生活者に安全・安心・便利な暮らしを提供できる製品・サービスを紹介します。

2.ITを活用した非対面・非接触ソリューション

住宅の外観やインテリア、キッチンやユニットバスなどの設備のバリエーションについて、納得できるまですべてを見て体感するには、複数のモデルルームやショールームを何度も訪問する必要があり、実際に生活者が実現するには限界がありました。DNPの「バーチャルエクスペリエンスシリーズ」やユニシスの「MY HOME MARKET」など、リモートで利用できるITソリューションによって、非対面・非接触でもさまざまな選択肢を体感でき、物件の内覧や商談なども可能になります。

3.IT・サービスによる業界の課題解決

施設・建物のメンテナンスは不動産価値の維持・向上に不可欠な業務です。DNPの「まるっと点検サービス」や「建物メンテナンス業務管理クラウドサービスQosmos」*3などのITソリューションによって、その業務のための職人不足や、デジタル化されていなかった情報の流通・活用といった業界の課題を解決します。

  


※「不動産テックEXPO」のDNP・ユニシスブースの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.japan-build.jp/ja-jp/directory/2020-tokyo/exhibitor/details.org-d4408ebc-b569-4022-8b39-160072a592ea.html#/
https://www.unisys.co.jp/solution/lob/manufacturing/house/myhomemarket/topics/prop_tech.html

*1 「DNP抗菌・抗ウィルスマテリアル Pure EffectsTM」は大日本印刷株式会社の商標です。抗菌もしくは抗ウィルス性能の表示について第三者機関で認定された製品のシリーズです。
*2 「mamaro®」はTrim株式会社の登録商標です。
*3 「建物メンテナンス業務管理クラウドサービスQosmos」はBPM株式会社のサービスです。

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。