株式会社ワーク・ライフバランスの「男性育休100%宣言」に賛同

大日本印刷株式会社(DNP)(代表取締役社長:北島義斉)は、2020年12月に、株式会社ワーク・ライフバランス(代表取締役社長:小室淑恵)が推進する「男性育休100%宣言」に賛同しました。

■DNPの取り組み

DNPは、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える価値の創出に努めており、そのためには多様な強みの掛け合わせが欠かせないとの認識に立って、ダイバーシティの推進に注力しています。グループ全体にダイバーシティを浸透・定着させるための体制を強化し、ダイバーシティ推進の基本方針を掲げるとともに、2020年7月にはトップコミットメントとして「ダイバーシティ宣言」を出しました。

基本方針のひとつである「多様な働き方の実現(働き方の変革)」に関連して、「男性育休100%」を目標にしており、以下のような具体的な活動を進めています。

〇育児休業の一部有給休暇化など制度の拡充。(継続実施)

〇DNPの社員に限らずパートナーと共に参加が可能な「仕事と育児の両立支援セミナー」の実施。(継続実施)

参加家族同士のワークなどを通じて、パートナーとともにお互いのキャリアを考え、家庭内の役割を話し合う機会を提供。

〇社員の意識変化を促すため、今年度、社内イベント「ダイバーシティウィーク」を2月に初開催。(新規)

なお、2019年度は男性育休取得率55.5%、女性育休取得率100%となっています。

 

■「男性育休100%宣言」賛同にあたって(代表取締役社長・北島義斉)

 DNPは「第三の創業」を掲げ、社会の課題を解決するとともに、人々の期待に応えていく「新しい価値」の創出に向け力を入れています。ダイバーシティは「第三の創業」に不可欠な経営課題として社員全員で取り組むテーマです。女性活躍を起点とした活動の対象を拡大するなか、男性育休取得促進に向けた制度改訂や、パートナーと共に参加できる仕事と育児の両立支援セミナーを実施するなど、誰もがワーク・ライフ・バランスを取りながら活躍できる働き方の支援を行っています。2020年のダイバーシティ経営中期ビジョンでは、「男性育休100%取得」を掲げています。男性社員が育児に参加し、新たな学びにより意識を変えることで「新しい価値」の創出と生産性の高い働き方の実現につなげていきます。

*参考 : 株式会社ワーク・ライフバランス「男性育休100%宣言」Webサイトはこちら https://work-life-b.co.jp/mens_ikukyu_100/