「リテールテックJAPAN Online 2021」に出展

生活者に最高のお買い物体験価値を提供する「ストアDX」を提案

大日本印刷株式会社(DNP)は、2021年3月9日(火)~12日(金)に、オンラインで開催される「リテールテックJAPAN Online 2021」(主催:日本経済新聞社、https://messe.nikkei.co.jp/rt/)に出展します*。

このオンライン展示会は、国内最大級の流通業向けITシステム総合展「リテールテックJAPAN 2021」(東京ビッグサイト)との同時開催です。

DNPの考える「ストアDX」の概念イメージ (※CX=顧客の体験、EX=従業員の体験)
*DNPの専用サイトURL : https://www.dnp.co.jp/biz/eventseminar/event/10159250_1594.html

【DNPブースの出展テーマ :「"未来のあたりまえ"ショッピング」を実現する~ DNPの考える「ストアDX(デジタルトランスフォーメーション)」について~】

新型コロナウイルスの感染症対策をきっかけのひとつとして、生活者の価値観や購買行動は大きく変化しています。店舗で買い物をする頻度が減り、ECサイトの利用は増えた一方で、商品との出会いや店員との会話といった「店頭でのお買い物体験」の価値が見直されています。店頭でのソーシャルディスタンスの確保や、非対面・非接触で購入できる仕組みの導入に加え、複雑な購買チャネルに対応した生活者とのコミュニケーションが以前にも増して重要となっています。

DNPは、生活者と流通・小売業、メーカーとのコミュニケーションをリアルとデジタルで切れ目なく(シームレスに)つなぎ、各企業が生活者一人ひとりに最適なタイミングで最適な情報を届けるサービスを提供しています。今後もDXによって商品・サービスの価値を最大限に高め、生活者に新しい買い物体験(CX:Customer Experience)を提供する「ストアDX」を加速させ、買い物におけるニューノーマル(新常態)・新しいスタンダード(標準)の構築を生活者や企業とともに進めていきます。今回のDNPブースでは、そのような「"未来のあたりまえ"ショッピング」を実現する、DNPの考える「ストアDX」を、9つのテーマ展示と3つのセミナーを通じて紹介します。

■「ストアDX」を推進する9つの展示テーマ

①ポストコロナ時代の販促情報管理 ―販売チャネルの複雑化と働き方改革にも対応―

販売チャネルが複雑化する流通・小売業やメーカーに必要となる、商品・販促情報の統合的一元管理手法や、校正・校閲業務にAI(人工知能)を活用した事例などを紹介します。

②SNSを活用した来店施策 ―パーソナライズされた情報発信で、企業と生活者がつながる―

生活者の興味・関心や生活エリア・購買タイミング等に合わせてパーソナライズしたコミュニケーションや、自社サイト・アプリ・ECサイトへの誘引、効果測定などを効率よく改善できる手法を紹介します。

③ID-POS×来店計測データを活用した高精度な来店施策―購買データに基づいた効果的な施策の立案と実施―

小売業のアプリやDemand Side Platform(DSP)によって生活者の購買行動を可視化し、ニーズに合った施策の実施、店舗への送客と対象商品の販促サービスなどにつなげていきます。

④来店客一人ひとりのお買い物体験をより豊かに―店頭での行動データを活用し、CXの最大化を実現―

店舗での行動・動線・態度・感情・音声データ等をマーケティングデータとして活用する施策や、商品棚の前での適切な販促情報の提供など、無人接客でCXを最大化していく施策に貢献します。

⑤最適な「顧客体験」を実現するD2C(Direct to Consumer) -D2C事業をビジネス設計から運用まで一貫してサポート-

企業と生活者をダイレクトにつなぎ、自社のECサイトで商品・サービスの販売を実現する「D2C(Direct to Consumer)」。ビジネス設計段階から運用中の事業の見直しまで一貫してサポートします。

⑥未来のお買い物体験 バーチャルショッピング -仮想空間で実店舗のような接客サポート&お買い物体験が実現-

仮想のキャラクター(アバター)のバーチャル販売員による接客、コンピューターグラフィックで再現したグッズの選択など、顧客が実店舗で対面接客されているかのような体験を3D仮想空間上の店舗で提供します。

⑦新しい日常における決済・認証サービス -センシングや認証技術で非接触・非対面決済をよりスマートに-

複数のセンサーによってディスプレイをタッチレスで操作できるシステム、セルフ決済できるKIOSK端末、ECで選んだ商品をデジタルキ-を使用して実店舗で受け取るBuy Online Pick-up In Store (BOPIS)サービスなど、非接触・非対面でのサービスを支援します。

⑧DX時代のコンテンツマネジメント -コンテンツの作り方・持ち方・活用の仕方を変革しCX向上-

マーケティング施策の急速なDX化で課題となる「販促コンテンツの供給不足」に対応するため、複数のメディア制作のワークフローの統一と効率的なコンテンツ供給・運用環境を提供します。

⑨データを使いこなす顧客情報基盤 -CX最大化を実現するデータ活用プラットフォーム-

マーケティング担当者自身が統合的に管理・活用できるプラットフォームです。顧客データを高度なセキュリティ環境で安全に蓄積し、マーケティングオートメーションツールと連携してパーソナルなDMや動画などを配信できる機能を提供します。

■セミナー 

会期中いつでも聴講できるDNP独自の3つのセミナーを配信します。

①<対談>「新たな協業のカタチ

 -イエナカ-マチナカ-ミセナカにおけるプロモーションのDX化-」

スピーカー:株式会社アドインテ 取締役副社長兼COO 稲森学様

DNP 情報イノベーション事業部 DXセンター プロモーション本部 本部長 松前俊史

②<講演>「サプライチェーンのスマート化に向けた経済産業省の取組み」

スピーカー:経済産業省 商務・サービスグループ 消費・流通政策課 課長補佐 久保田 倫生様 

③<対談>「ニューノーマル時代のストアDXについて」

スピーカー:LINE株式会社 マーケティングソリューションカンパニー 広告事業本部 ローカルビジネス事業部 マーケットデベロップメント2チーム マネージャー 楠木 修平様

株式会社DNPソーシャルリンク 執行役員  園田 忠宏

■リテールテック JAPAN Online 2021 DNPブースの展示閲覧・セミナー聴講方法

「リテールテックJAPAN Online 2021」のトップページ(https://messe.nikkeineon.jp/registration/)にて来場者登録のうえ、DNPの「出展者ページ」をご覧ください。

※会期終了後も 2021年4月末までアーカイブ が公開されます。