「子育てのパートナー」となるテクノロジーを探す体験型ショールーミングイベント「BabyTech(ベビーテック) TOUCH」を開始

赤ちゃん本舗等と協業し、第一弾を6月に東京で開催

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、ICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)を活かして、妊娠から出産、子育てに至るさまざまな生活者の課題解決に役立つ「BabyTech(ベビーテック)」関連の製品・サービス・アプリ等を体験できるショールーミングイベント「BabyTech TOUCH」を開始します。この取り組みの第一弾として、国内37都道府県に店舗を展開する株式会社赤ちゃん本舗、および国内外のベビーテック関連企業とともに市場拡大をリードする株式会社パパスマイルと協業※1し、2021年6月10日(木)~7月9日(金)に、「アカチャンホンポTOC店」(東京都品川区)で「BabyTech TOUCH in akachanhonpo」を実施します。

「BabyTechTOUCH in akachanhonpo」のイメージ

【「BabyTech TOUCH」開始の背景】

DNPは育児に関して、家庭や保育園・幼稚園だけでなく、買い物やお出かけなど、日常生活のあらゆる場面で、育児中の親や保育事業者等の体験価値(カスタマーエクスペリエンス:CX)の向上に努めています。さまざまな企業とのコラボレーションを進め、DNP独自の「P&I」(印刷と情報)の強みを活かして、子育てに関連する課題を解決するとともに、安全、安心、効率性、楽しさなどを実現するベビーテック関連の新しい価値を提供していきます。今回、ベビーテック領域での技術・ノウハウを活かして、体験型ショールーミングイベント「BabyTech TOUCH」を実施し、妊娠~子育て中の生活者のCX向上に取り組む小売・流通・不動産等の企業やベビーテック関連事業商品を展開するスタートアップ企業とともに、「子育てのパートナー」が提供する価値を生活者が体験できる場を実現します。

【「BabyTech TOUCH」の特長】

〇共働き世帯の増加、出産の高齢化、男性の育休取得の促進など、子育ての環境が急速に変化しています。そのなかで注目される「子育てに活用できるテクノロジー」を生活者が体験できる場を提供します。
〇パパスマイルとのパートナーシップのもと、国内外のスタートアップ企業の開発品を中心に、各種ベビーテック関連商品を紹介します。妊娠~子育て期の多様な課題に対し、スマートデバイスやアプリ、ICTサービス等の技術を組み合わせて、生活者の子育てのCX向上につなげていきます。
〇DNPがベビーテック領域の知識習得トレーニングを実施した専任の説明員が、来場者の子育ての悩みに対応し、最適なベビーテック商品を案内します。
〇DNPがベトナム国家大学ハノイ校工科大学と研究を進める「行動認識AI」※2を活用し、会場内に設置したカメラで来場者の行動やしぐさのデータを取得します。来場者の興味関心を可視化するとともに、「心地よい売場づくり」が実現できているかどうか分析します。妊娠~子育て中の生活者にとって、また小売・流通・不動産等の企業にとっての本イベントの提供価値を検証し、今後のサービス展開に活かします。

■「BabyTech TOUCH in akachanhonpo」の実施概要
https://chirashi.akachan.jp/babytechtouch/

〇期間 : 2021年6月10日(木)~7月9日(金)
〇開催時間: 10時~18時 ※店舗の営業時間とは異なりますのでご注意ください。
〇場所: アカチャンホンポ TOC店
東京都品川区西五反田7丁目22−17 TOCビル5F
〇アクセス: JR山手線・都営地下鉄「五反田駅」徒歩8分、東急池上線「大崎広小路駅」徒歩6分
〇参加方法: 参加費は無料で、予約不要です。
〇体験できるテクノロジー例:


※安心してご来場いただけるよう、消毒液の設置、店内消毒の定期実施、店舗のスタッフの体調管理など感染予防対策を徹底しています。なお、新型コロナウィルス感染症の感染拡大などの影響により、イベントが中止または延期となる可能性もあります。

【今後の展開】

DNPは、「BabyTech TOUCH」の第一弾の運営結果を検証し、ベビーテック関連サービスを継続的に提供していきます。第二弾以降、小売・流通・不動産等の企業を中心に、妊娠~子育て中の生活者のCX向上に取り組むパートナー企業との共創型の取り組みを展開していきます。


※1 BabyTech/ベビーテックは、株式会社パパスマイルの登録商標です。DNPは、パパスマイルと2020年9月にパートナーシップを締結し、共に市場拡大に取り組んでいます。https://www.dnp.co.jp/news/detail/10158590_1587.html
※2 行動認識AI : 来店者が店頭の商品に関心を持った時のしぐさや反応を捉え、AI(人工知能)で来店者の関心度合いを可視化することを目指す取り組み。DNPはベトナム国家大学ハノイ校工科大学と共同で研究開発中。https://www.dnp.co.jp/news/detail/10158064_1587.html
※mamaroはTrim株式会社の登録商標です。その他、記載の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

大日本印刷株式会社本社:東京都新宿区 代表取締役社長:北島義斉 https://www.dnp.co.jp
株式会社赤ちゃん本舗本社:大阪市中央区 代表取締役社長:味志謙司 https://www.akachan.jp/
株式会社パパスマイル本社:東京都千代田区 代表取締役:永田哲也 https://www.papasmile.jp/

■子育て世代のCX向上に向けたDNPの取り組み

DNPはオープンイノベーションを推進するためのWebサイト「DNP INNOVATION PORT」で、多様な情報発信を行い、新しいパートナーも募集しながら幅広いクライアントやスタートアップ企業との共創を推進しています。2020年6月には、Trim社と資本業務提携し、子育て世代の生活者が外出時に利用できる可動式ベビーケアルーム「mamaro®」を流通・小売業の施設に設置開始したほか、自社の拠点にも導入しています。また、デジタルサイネージ等の情報機器を通じた子育て世代への情報提供や販売促進、パパスマイル社が主催する「BabyTech Award Japan 2020」への協賛など、子育て世代の課題の把握と解決に努め、生活者の体験価値の向上につながる新しいサービスの企画開発に取り組んでいます。
さらに、生活者と流通・小売企業やメーカーとのコミュニケーションをリアルとデジタルでシームレスにつなぎ、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって商品・サービスの価値を最大限に高め、生活者への新しい買い物体験の提供や買い物の新しいスタイルを構築する「ストアDX」を進めています。
「BabyTech」関連の事業領域についても、「ストアDX」で開発しているIoT等のノウハウを活用し、従来の「子育て」の常識に捉われず、新しい価値設計を推進し、子育て世代の体験価値の向上とともに、商業施設や各種製品・サービスを提供する企業の価値向上につなげていきます。

※ニュースリリースに記載された製品の仕様・サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。