DNP×Kaizen Platform×アドインテ DNPの「ストアDX」サービス強化において連携

店頭・商品棚の動画広告やID-POS連動型広告のクリエイティブを最適化

大日本印刷株式会社(DNP)は、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって店舗等での販促効果を高め、顧客の満足度を向上させるDNP独自の「ストアDX」を推進しています。その一環として流通・小売業等による店頭・店内販促施策の実施に関して資本業務提携している株式会社アドインテ及び株式会社Kaizen Platform との連携を強化し、来店・購買時の生活者の店頭データを活用して、最適化された動画を配信し、メーカーや流通・小売業のDX支援を加速させます。

【連携強化による「ストアDX」推進の概要】

アドインテは、IoTとAIを活用して小売業やメーカーのDXを支援し、各種情報メディアの開発・運用を行っており、ID-POS(顧客IDと連動した販売)やビーコン(発信機)といったシステムで取得した購買行動を分析して、生活者の関心に合わせた販促活動を行うことを強みとしています。またKaizen Platformは、データに基づいて、目的やターゲットに合わせた効果的なコンテンツ等を制作することを強みとしています。

今回、3社の連携を強化することで、ID-POSデータや来店履歴などのデータを活用し、生活者の購買行動を分析して興味・関心に合わせた動画広告を配信して、より効果的な販促活動を支援します。 

【「ストアDX」のサービス強化の特長】

生活者向けの店頭メディア(リテールメディア)を構築し、企業と生活者をつなぐコミュニケーションチャネルの強化に向けて、効果的な動画を生成して配信します。

1.ID-POSや店内に設置したビーコンで取得した生活者の購買行動データなどを分析し、ID-POS連動型の広告配信、来店と連動したリアルタイムでのアプリ配信、店頭・棚前のデジタルサイネージ、動画チラシ広告サービスなど、多彩な販促活動を行います。

2.購買データを元に、離脱ユーザー、併売商品購入ユーザー、関連商品購入ユーザーをターゲットとし、各ターゲットに合わせた動画コンテンツを制作します。

3.来店前や来店時の販促施策、再来店の促進に向けた施策を一貫して実施し、販促活動の効果の最大化を図ります。 


【今後の展開】

DNPは、アドインテとKaizen Platformとの提携により、企業の目的やターゲットに合わせたメディアプランニングから、最適な各種制作物の制作・配信・効果分析までをパッケージ化したサービスを提供していきます。店頭・棚前のデジタルサイネージなどのオフラインメディア、SNSや動画プラットフォームなどのオンラインメディア、あらゆる顧客接点に対する最適なコミュニケーションを行うことで、店舗への誘引や来店促進など、具体的な成果につながる販促活動を支援します。

大日本印刷株式会社本社:東京都新宿区 代表取締役社長:北島義斉
株式会社アドインテ本社:京都府京都市代表取締役:十河慎治
株式会社Kaizen Platform 本社:東京都港区 代表取締役:須藤 憲司
※1 ストアDX : DNPは、生活者と企業をリアルとデジタルのコミュニケーションで切れ目なく(シームレスに)つなぎ、企業が生活者一人ひとりに最適なタイミングで最適な情報を届けるサービスを提供しています。そのなかで現在、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって商品・サービスの価値を高め、生活者に新しい買い物の体験を提供する「ストアDX」を推進しています。
関連リリース
 ・2021年5月10日「ストアDX」における広告・マーケティング事業強化でアドインテと資本業務提携
    https://www.dnp.co.jp/news/detail/10160841_1587.html
 ・2021年5月27日「アドインテとKaizen Platformが業務提携し、ID-POS連動型広告などオフラインデータに基づいた動画広告でメーカーや小売の販促DXを支援」
  (アドインテ)https://adinte.co.jp/news/3154/
  (Kaizen Platform)https://kaizenplatform.com/news/2021-0527-kaizen-adinte
*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
*記載されている情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。