抗菌・抗ウイルス性に優れた「デスクトップシート」100枚を国立成育医療研究センターに寄贈

大日本印刷(DNP)は2021年7月6日に、高度かつ先進的で安全・安心な医療を提供している国立研究開発法人 国立成育医療研究センターに対して、抗菌・抗ウイルス性に優れたDNP製の「デスクトップシート」100枚(サイズ420×680mm)を寄贈しました。

【「DNP抗菌・抗ウイルスマテリアル『Pure Effects』」のデスクトップシートの特長】

本製品は、「DNP抗菌・抗ウイルスマテリアル『Pure EffectsTM』」の製品ラインナップのひとつで、24時間後にウイルスを99%減少させる抗ウイルス性能があり、第三者機関である抗菌製品技術評議会(SIAA)による抗菌・抗ウイルスの認証を受けています。

また、焼却しても有害なガスをほとんど発生しない環境配慮材料であるオレフィンを使用し、EB(電子線:Electron Beam)の照射によって多様な機能を持たせた化粧シートです。DNPがフローリング用EBオレフィンシートなどで培った技術を活かし、摩耗や傷・汚れ・日焼けにも強く、耐久性に優れています。既存のデスクに貼るだけで簡単に施工でき、また裏面に特殊な粘着加工を施しているため、最初に貼る際の貼り直しを簡単に行うことも可能です。本製品のデザインは、心地よい木目調2種(明るい色調・深い色調)とレザー調の3種類があります。

    

【今後の展開】

DNPは、医療や教育関係の公共の施設などに本製品を提供し、人々が暮らす生活空間を安全・安心なものにするとともに、新型コロナウィルスの感染拡大の防止にもつなげていきます。


※デスクトップシートの詳細はこちらをご覧ください。→https://www.dnp.co.jp/news/detail/10159202_1587.html
※Pure Effectsの詳細はこちらをご覧ください。→https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/10158774_1567.html

※記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。