大日本印刷・三菱ケミカル・リファインバースグループの3社 ブロックチェーンでトレーサビリティの信頼性を高めたサプライチェーン構築に向けた実証実施

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、三菱ケミカル株式会社(以下:MCC)、株式会社リファインバースグループ(以下:リファインバース)と連携し、オランダのCircularise(以下:サーキュライズ社)の情報管理システムを活用し、バイオマスやリサイクル原料の管理・追跡(トレーサビリティ)や、ライフサイクルアセスメント(LCA)*1等の環境負荷の評価指標への対応を含めた、透明性・信頼性の高いサプライチェーン構築について、9月末までにかけて共同で実証試験(以下:本実証)を行うこととしました。

石油由来プラスチックの代替となるバイオマスやリサイクルなどの持続可能な資源を活用していくためには、原材料の使用量などの管理、認証材料などエビデンス管理が重要となります。また、各サプライヤーのCO2などGHG排出量の可視化や、最終消費者への製品の環境配慮度の見える化も求められています。これに対し、サーキュライズ社は、パブリックブロックチェーンを利用し、原料から最終製品まで追跡するサプライチェーン・トレーサビリティシステムを開発しています。機密性の高い独自の暗号化技術により、サプライチェーン内の各企業の機密情報や公開情報を管理・共有することができます。

DNP、MCC、リファインバースの3社は今回、本実証を通じて、バイオマスやリサイクル原料を使用した製品のさらなる高付加価値化や認証材料の管理にも寄与する高いトレーサビリティ精度を有するサプライチェーン構築の有用性を検証していきます。

external_image

【環境に対するDNPの取り組みについて】

DNPは持続可能な社会の実現に向けて、事業活動と地球環境との共生を常に考え、さまざまな施策を推進しています。2020年3月には、“2050年のありたい姿”を示すものとして、「DNPグループ環境ビジョン2050」を策定し、「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」を実現していく価値創出の取り組みを加速させています。

特に、人々の身近な食品・日用品等の包装材については、「DNP環境配慮パッケージングGREEN PACKAGING*2」を展開し、「資源の循環」「CO₂の削減」「自然環境の保全」という3つの価値を社会に提供しています。

external_image

「3R(Reduce・Reuse・Recycle)+Renewable (持続可能な資源)」を基本とし、さまざまな技術等の強みを掛け合わせて、環境配慮の設計を行った多様な製品・サービスを展開していきます。また、各種情報サービスの実績等を通じて蓄積してきたLCAのノウハウを活用し、環境への負荷を数値化していきます。


大日本印刷株式会社 本社:東京都新宿区、社長:北島義斉
三菱ケミカル株式会社 本社:東京都千代田区、社長:和賀昌之
株式会社リファインバースグループ 本社:東京都中央区、社長:越智晶


※1 ライフサイクルアセスメント : 製品・サービスのライフサイクル全体または特定の段階における環境負荷を定量的な指標で評価する手法
※2 DNP環境配慮パッケージング GREEN PACKAGING https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190186_1567.html


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

ニューストップへ

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索