謎解きブームの仕掛け人・松丸亮吾さんによるバーチャル謎解きイベントを渋谷区立宮下公園のバーチャル空間で開催

複数名でコミュニケーションを取りながら協力して謎解きに挑戦

2021年9月2日

大日本印刷株式会社
一般社団法人渋谷未来デザイン
宮下公園パートナーズ

大日本印刷株式会社(DNP)と一般社団法人渋谷未来デザイン、渋谷区立宮下公園の指定管理者の宮下公園パートナーズの3者は、現実の宮下公園を仮想(バーチャル)空間上に高精細に表現した「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE(パラレルサイト)」を構築し、公園の価値向上や新たなコミュニケーションの創出、渋谷の新しいカルチャーの発信などを推進しています。その第二弾のイベントとして、謎解きブームの火付け役のひとりである謎解きクリエイター・松丸亮吾さんによる「松丸亮吾のMIYASHITA MYSTERY PARK(ミヤシタ ミステリーパーク)」を9月2日(木)~11月30日(火)に開催します。スマートフォンやPC等の情報端末で世界中どこからでもアクセス可能で、参加者は、ひとりでも、グループで協力しながらでも謎解きを楽しむことができます。

*「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE」URL : https://shibuya-miyashitapark.parallel-city.jp

【「松丸亮吾のMIYASHITA MYSTERY PARK」の概要と特長】

○会期 : 2021年9月2日(木)~11月30日(火) *参加費 : 無料

○URL :https://shibuya-miyashitapark.parallel-city.jp/project/miyashita-mystery-park/

1松丸さんとして初となるバーチャル空間での本格的な謎解き

リアルの謎解きではできなかった表現やバーチャルならではの表現や謎解きの仕掛けを活かして、松丸さんとして初となる複数名でも体験できる本格的なバーチャル謎解きです。イベントの謎解きを完了した時間をSNSなどで共有できるため、参加者同士がクリア時間を比較したりすることで、さらに楽しむことができます。

2.実在する宮下公園の施設を活かした謎解きイベント

実在する宮下公園内の景観や施設、普段では入れない場所を謎解きの問題に採り入れ、渋谷区立宮下公園では初となる参加型の「謎解き」をバーチャル空間で楽しめます。バーチャル空間で発生したバグによって、変わりはてた空間を、プログラマーの指示に従って謎を解くことで、平和な宮下公園を取り戻します。参加者は、なるべく早い時間での謎解きクリアに挑戦します。

3.複数名でコミュニケーションを楽しみながら、難問のオリジナル謎解きに挑戦

本イベントでは、1名から最大4名まで同時にでき、自分の分身となるアバターを選んで、バーチャルの宮下公園を歩き回りながら謎解きに挑戦します。松丸さんも試行錯誤が必要という難易度の高い謎解きも、参加者同士で音声によるコミュニケーションができるため、チームで協力しながら謎を解く達成感を得ることができます。


*推奨動作環境 : PC、スマートフォンのブラウザで利用できます。
【PC】 
CPU Core i7以上(Intel CPUの第7世代以降、またはそれと同等以上のパフォーマンスのもの)、メモリ(RAM)8GB以上、推奨ブラウザ:Google Chrome
【スマートフォン】
・iPhone:iPhoneX(iOS14)以降、推奨ブラウザ:safari
・Android:Android10以降、メモリ(RAM)4GB以上、推奨ブラウザ:Google Chrome


【制作者 松丸亮吾さんのコメント】

初めて本格的なバーチャル空間での謎解きを制作することで、謎解きクリエイターとして新しい視点や発見を取り入れ、従来の謎解きの枠を超えた新しい謎解きイベントを作りました。バーチャル空間だからこそ誰もが楽しめる謎解きを提供することで、さまざまな人が参加し、交流が生まれる形になっています。作り手・参加者の両方の視点で、「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE」の掲げるコンセプト「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包摂)」を形にし、松丸亮吾ならではの「感性」を体験できる場にしました。宮下公園の縦長の景観は、謎解きの“先に進む”・“奥に広がる”という事と相性がよく、普段から近くを通ることが多い宮下公園の特長を活かしています。さらに達成感を感じられるように難易度を上げています。制限時間はありませんが、60分でクリアすることを目指していただきたいです。「人が集まり、交流が生まれる」公園の機能をリアルだけでなく、バーチャル空間でも謎解きを通じて実現できればと思います。

■制作:松丸亮吾(まつまる・りょうご)

東京大学入学後、謎解き制作サークルの代表を努め、さまざまな分野でブームを起こしている「謎解き」の仕掛け人。監修した書籍「東大ナゾトレ」シリーズは累計155万部以上。現在は「考えることの楽しさをすべての人に伝える」ことを目標として東大発の謎解きクリエイター集団RIDDLERを立ち上げ、仲間とともに多様なメディアで謎解きを仕掛けている。


■渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE(パラレルサイト)について

東京都渋谷区は、まちづくりマスタープランとして、人々がいきいきと過ごせるパブリックスペースの創出や利活用を掲げています。これを受けて、DNP・渋谷未来デザイン・宮下公園パートナーズの3者は、バーチャル空間「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE」を2021年7月7日にオープンし、公共空間の高度利用に向けた取り組みの一つとして実証事業を行っています。本空間の利用の一つとして、渋谷区が目指す未来像「ちがいをちからに変える街」に基づき、「You’re the World」をコンセプトとし、さまざまなキュレーターを通じて、文化・価値観・世代などの「ちがい」に潜む「感性」を体験できる場を提供しています。渋谷に住む人・働く人・遊ぶ人だけでなく、さまざまな企業・クリエイター、また世界中から「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE」にアクセスする人と共創し、新しい体験やカルチャーを世界に発信していきます。

「松丸亮吾のMIYASHITA MYSTERY PARK」は、こちら


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された内容は発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。