スマートフォンで簡単に顔写真を収集できる「Photo Entry」

DNP独自判定のAIアシストで、規格外の顔写真の検出をサポートし、業務効率化

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と、グループ会社の株式会社DNPフォトイメージングジャパン(以下:PIJ)は、スマートフォンで撮影した顔写真でも規格に沿った顔写真データを収集できる「DNP顔写真収集サービスwith Photo Entry」を開発し、2021年12月10日に運用を開始します。各種会員証や社員証など、顔写真入りIDカードを制作する際、事務局などは効率的に安定した品質の顔写真データを収集することができます。またこのサービスには、業界トップクラスの設置シェアをもつ証明写真機「Ki-Re-i」で培った顔写真撮影のノウハウを活かしています。

*DNP顔写真収集サービスwith Photo Entry: https://biz.mkt.global.dnp.co.jp/l/819623/2021-12-01/29h8gd

開発の狙い

近年エンターテイメント業界で、顔認証ゲートやファンクラブ会員証、転売防止用の電子チケット等での顔写真の活用が増えているほか、社員証等のビジネス用途や教育分野でも顔写真の活用が広がっています。従来、こうした顔写真データを収集する際、生活者自身がスマートフォンで撮影した顔写真データを送信するといった方法で対応してきました。この場合、顔写真の品質やサイズにばらつきが多く、カード発行事務局の担当者が目視で確認する必要がありました。この課題に対して今回、簡単トリミングやAIによる顔撮影アシスト等の機能を搭載した「Photo Entry」を活用して、高品質で均一な顔写真をリモートで集めることによって、事務局等の作業の効率化を図っていきます。

特長

〔事務局担当者等の運用上のメリット〕

○簡単トリミング機能や、「サングラス不可」等の条件を識別するAI(人工知能)による顔撮影アシスト機能により、顔写真のピクセル(画素)数やサイズのほか、個々の規格にマッチした顔写真のデータを登録できます。

○顔写真データをクラウドサーバに自動リネーム登録することで、事務局担当者の手作業の負荷を大幅に軽減します。また自動化によって個人情報を取り違えるといった事故を防止します。

○顔写真はDNPのクラウドサーバに保管し、安全・安心に個人情報を管理できます。


〔生活者のメリット〕

○いつでも、どこでも自身のスマートフォンで撮影した顔写真データを送信することができます。自分で納得がいくまで、何度でも写真を撮影できます。

○専用アプリをダウンロードすることなく撮影ができます。

 *推奨環境: https://www.dnpphoto.jp/products/photoentry/faq.pdf

〔事務局担当者・生活者双方のメリット〕

○全国に約5,500台(2021年11月末現在)設置されているDNP証明写真機「Ki-Re-i」で撮影した顔写真をサーバに登録することも可能です。


今後の取り組み

DNPグループは、企業理念に「人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する」ことを掲げており、デジタルトランスフォーメーション(DX)のメガトレンドも捉えて、顔写真等のデータを安全・安心に運用することで、企業や生活者などに多様な製品・サービスやソリューションを提供していきます。引き続き、「DNP顔写真収集サービス」の機能を拡充して、価値を高めていくことで、事業の拡大を図っていきます。


大日本印刷株式会社 本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円
株式会社DNPフォトイメージングジャパン 本社:東京 代表取締役社長:荒俣裕之 資本金:1億円

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索