社員のエンゲージメントを解析するツール「Wevox(ウィボックス)」を導入

チームでの対話を促し、働きがいのある職場環境づくりや組織力強化を目指す

大日本印刷株式会社(本社:東京新宿区 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)は、株式会社アトラエ(本社:東京都港区 代表:新居佳英)が提供する、組織の課題を可視化するエンゲージメント解析ツール「Wevox(ウィボックス)」を2021年11月に全従業員を対象に導入しました。

エンゲージメントは、“組織や仕事に対して自発的な貢献意欲を持ち、主体的に取り組んでいる心理状態”を指しており、社員の生産性向上や離職率低減にもつながることなどから、近年多くの日本企業が経営指標のひとつとして導入しています。DNPは、「常に変革に挑戦する」企業文化のもと、社員一人ひとりが多様な強みを持った財産であると捉え、人事諸制度の再構築をはじめ、働きがいを高めるさまざまな取り組みに注力しています。今回、「Wevox」を導入することにより、社員個人のエンゲージメントの状態を見える化し、その向上への取り組みを加速させて、新しい価値の創出につなげていきます。

※スコアはイメージです

Wevox導入の背景

DNPは常に、社員の「働きがい」と「働きやすさ」を両立して、「価値を生む働き方」を実現することを目指してさまざまな取り組みを推進しています。コロナ禍においては、あらためて健康の大切さをグループ全体で確認するとともに、リアルとリモートの併用を加速させるなど、社員一人ひとりが幸せを感じながら、エンゲージメントが高い状態で働ける職場環境の構築にもさらに注力しました。

2021年4月には「DNPグループ健康宣言」を策定し、一人ひとりの「こころの資本」やチームの「心理的安全性」の向上のための施策を強化しました。また、1on1やチームでのミーティングと併用する「DNP価値目標制度」を開始し、マネジメント改革にも取り組んでいます。こうした活動に加え、今回の「Wevox」導入によって、チームや職場の状態、会社・組織・チームの関係性の可視化・検証を開始しました。

Wevox導入によるエンゲージメント向上の概要

  • 「Wevox」は、職場ごとのエンゲージメントや組織の課題を可視化し、分析していくツールです。その解析結果をもとに、各職場でのミーティング等を通じて、エンゲージメント向上のサイクルを回し、チームメンバー間の自己理解・相互理解を促進するとともに、社員のモチベーション向上やチームが「ありたい姿」により近づくための活動につなげていきます。
  • DNPでは、毎月1回、全社員がWebサイト上でサーベイ(簡易アンケート)に回答します。製造工場など、パソコン等を通常業務で使わない職場においても、共用の機器や個人所有の端末を活用するBYOD(Bring Your Own Device)などで、アンケートに回答します。
  • 自組織の「Wevox」のスコアをリアルタイムで全員が共有し、チームで価値を生み出す「目標」や「ありたい姿」を実現するため、チームでの対話や改善活動を重ねることで、より良い組織づくりと「価値を生む働き方」の実現につなげていきます。

■「Wevox」および株式会社アトラエについて :

エンゲージメント研究の国内第一人者である慶應義塾大学 島津明人教授の監修のもとで開発されたエンゲージメント解析ツール。パソコンやスマートフォン等から簡単に回答可能なUI/UX設計など、導入企業の評価も高い。アンケート結果はリアルタイムで自動集計され、蓄積されたビッグデータとともに解析することで各組織の特徴や傾向、課題の特定を可能としている。現在、ビジネスだけでなく、スポーツや教育の領域でも広く導入されており、導入組織は2,140以上、回答データは累計7,300万件を超える(2021年11月11日現在)。2019年度グッドデザイン賞を受賞。

Wevoxを提供する株式会社アトラエは、“テクノロジーによって人の可能性を拡げる事業を創造していく”という想いを込めて、独自のPeople Tech事業(Green・Yenta・Wevox・Inow)、Sports Tech事業(Altiri)を展開している。

○Wevox公式サイト : https://get.wevox.io/
○Wevox Twitter : https://twitter.com/wevox_io
○株式会社アトラエ : https://atrae.co.jp/

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索