企業広告の新シリーズ「同じDNPでも、開発分野はまるでちがう。」

社員同士の“社内異業種交流”で課題解決に挑戦する姿を濱田岳さんのナビゲートで紹介

大日本印刷株式会社(DNP)は、2022年3月29日に、企業広告の新シリーズ「同じDNPでも、開発分野はまるでちがう。」の放映をスタートし、DNPが人々や社会に提供する“新しい価値”について、継続的に広く紹介していきます。

 

DNPは今、独自の「P&I」(印刷と情報)の強みを掛け合わせ、パートナーとの連携を深めて、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値の創出に取り組んでいます。「未来のあたりまえをつくる。」というブランドステートメントを掲げ、より良い未来を自らつくり出していくために常に挑戦し続けるDNPは、紙の印刷物から各種情報サービスや写真プリント、包装・建材やエレクトロニクス製品、エネルギーや医療・ヘルスケアなど、さまざまな領域へと事業を拡大しています。

今回のCMでは、異なる分野の社員同士が“社内異業種交流”を通じて強みを掛け合わせ、新製品・新サービスの開発、新しい価値の創出に挑戦していく姿を、俳優・濱田岳さんがナビゲーターとなって紹介していきます。司会者として登場する濱田岳さんとともに、DNPの社員同士が対談するトークショー風のテレビCMを中心に、Webメディアや交通広告などを幅広く展開していきます。

一見、同じ会社とは思えない、“まるでちがう”事業に取り組んでいるように見える社員同士の対話を通じて、「P&I」の強みの掛け合わせによって拡大してきたDNPの多様な事業とともに、「未来のあたりまえ」をつくるDNPの挑戦について伝えていきます。

CM動画は、テレビ東京系列/BSテレ東「WBS(ワールドビジネスサテライト)」等の番組内で放送されるほか、YouTubeのDNP公式チャンネル等でも公開します。CM動画の対談の続きは、DNPのコーポレートWebサイト( https://www.dnp.co.jp/brand/ )でお読みいただけます。


〇「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」篇

DNPは、生活者本人の同意を得て登録した顔画像を共通のサーバーに蓄積し、業界横断的にオープンに活用するプラットフォームを構築。生活者が日常生活のさまざまなシーンで「手ぶらで」「スピーディに」各種サービスを安全・安心に利用できる環境を提供しています。

〇「ナノインプリントリソグラフィ」篇

デジタル機器の高機能化やIoTの普及にともない、高性能化が進む半導体製品。近年求められる「微細化」と「低消費電力化」を両立する新たな半導体製造技術をDNPは開発しました。


※濱田岳さんが登場する撮影メイキング動画はこちら。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索