2025年の大阪・関西万博のテーマ事業「いのちを高める」に協賛

“いのちを高め合い、未来の希望を共創する”という趣旨に賛同しゴールドパートナーに

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、“いのち輝く未来社会のデザイン”をテーマに掲げ、2025年に開催される日本国際博覧会(以下:大阪・関西万博)に協賛します。 

DNPが協賛するのは、大阪・関西万博を象徴・代表するテーマ事業のうち、中島さち子プロデューサーのテーマ事業「いのちを高める」であり、「シグネチャーパビリオン」としては、遊びと学びを表現する「いのちの遊び場 クラゲ館」です。今回DNPは、中島氏の“国境や人種や年齢や立場などの分断をこえて、いのちを高め合い、未来の希望を共創する”という趣旨に賛同し、ゴールドパートナーとして協賛します。

*2025年日本国際博覧会について : https://www.expo2025.or.jp/

■大阪・関西万博および「シグネチャーパビリオン」について

大阪・関西万博は、2030年をゴールとする「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成と、2030年以降の未来に向けた中長期的なビジョンの達成を目指す重要な取り組みのひとつです。“いのち輝く未来社会のデザイン”というテーマのもと、8人の専門家がプロデューサーとなり、パビリオンを建設・運用します。それらは各プロデューサーの「署名作品」でもあることから、「シグネチャーパビリオン」と名付けられており、8人それぞれの哲学・観点から“いのち輝く未来社会のデザイン”を解釈し、展開し、語り、深めて、未来に生きる人々につなぎ渡していきます。

DNPは今回、テーマ事業プロデューサーの1人である中島さち子氏が担当するテーマ事業「いのちを高める」に協賛することとしました。この協賛を通じて、大阪・関西万博に参加する多様な企業・団体等のパートナーとの共創に注力し、新たな事業の開発につなげていきます。

DNPは“未来のあたりまえをつくる。”をブランドステートメントとして掲げ、持続可能なより良い社会、より快適な暮らしの実現に向けて、新しい価値の創出に努めています。価値創出に当たっては、DNP独自の「P&I」(Printing & Information:印刷と情報)の強みを掛け合わせるとともに、パートナーとの連携を深めていきます。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索