社員に対する普遍的・基本的な考え方を「人的資本ポリシー」として策定

新たな価値創出の重要な基盤である社員への投資を加速

大日本印刷株式会社(DNP)は、持続可能なより良い未来、より心豊かな暮らしの実現に向けて新しい価値の創出に努めており、その重要な基盤である社員に対する投資「人への投資」を加速しています。これには、「一人ひとりが強みを伸ばし、社内・社外で活躍できる人材として育ってもらいたい」という思いと、「社員を大切にし、大切にした社員によって企業が成長し、その社員が社会をより豊かにしていく」という信念が根底にあります。DNPはこれらの社員に対する普遍的・基本的な考え方を、「人的資本ポリシー」として策定しました。

「人的資本ポリシー」策定の背景

DNPはかねてより、労使協働や人材育成の上で、社員一人ひとりが「自立したプロフェッショナル」であることを大切にしてきました。特にここ数年では、雇用の流動化という社会環境の変化も念頭に置き、多彩なキャリアを持った社内外の人が納得・共感し、魅力を感じるよう、処遇や雇用をはじめとする人事諸制度の再構築に取り組んできました。

また、新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、テレワークと出社を組み合わせたハイブリッドな働き方が定着するなか、「健康宣言」などを策定するとともに、チーム力の強化や多様な人材の成長につながるより良い組織風土の醸成に向けて、様々な施策に取組んでいます。

「人的資本ポリシー」の策定と今後の展開について

今回DNPは、「社員を大切にする」ことによって、「社員一人ひとりが強みを伸ばし、社内・社外で活躍できる人材として育ってもらいたい」という普遍的な思いを「人的資本ポリシー」として明確化しました。この「人的資本ポリシー」を、これまで発信してきた人に対する方針・ビジョン・宣言等の最上位の概念に位置づけ、それらを体系的に捉えられるように構造化しました。本ポリシーのもと、一体的かつ戦略的に人的資本の強化に取り組むことで、より良い組織風土の醸成と、多様な人材の成長に資する「人への投資」を加速させ、さらなる企業価値の向上につなげていきます。

今後DNPは、本ポリシーに基づき、一人ひとりが社内だけでなく社外でも通用する専門性やスキルを身につけていけるような自律的・自立的なキャリア形成の一層の支援を主眼とし、よりジョブ型も意識した処遇などの導入も進めていきます。


※人的資本に関するDNPの取り組みについてはこちらのWebページもご覧ください。

https://www.dnp.co.jp/sustainability/management/human-rights/index.html

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索