コープこうべ 大日本印刷 NEC
会員専用スマートフォンアプリに音声による商品検索機能を追加

「いつもの!」や「お買い得!」と話しかけて商品の検索が可能に

生活協同組合コープこうべ
大日本印刷株式会社
日本電気株式会社

生活協同組合コープこうべ(以下:コープこうべ)は、大日本印刷株式会社(以下:DNP)が開発したスマートデバイス向け音声認識システム「ボイスマ!TM」を活用し、食材や日用品などの名称をスマートフォンに音声で伝えるだけで該当商品を検索して表示し、簡単に注文できる機能を開発しました。この音声認識機能は、スマートフォンで商品を注文できるコープこうべの会員専用アプリ『めーむアプリ』を開発した日本電気株式会社(以下:NEC)が、本機能をアプリに組み込み、2014年1月21日から利用することができます。

また、商品名以外にも、「いつもの」という音声で購入頻度の高い商品を、「お買い得」という音声で特売商品を検索して表示するなど、画面操作に不慣れな利用者でも容易に目的の商品に辿り着けるサービスを提供します。

【開発の背景】

近年、急速に普及したスマートフォンやタブレット端末を使ってネットショッピングする生活者が増加しています。しかし、スマートフォンの画面は小さいことから、一覧性が低く目的の商品に辿りつくために時間がかかることや、テキスト検索のための文字入力が煩わしいといった課題がありました。

これらの課題に対してコープこうべとDNP とNECは、音声認識システム「ボイスマ!」を活用して、スマートフォンに商品名などを音声で伝えることで目的の商品を検索して表示する機能を開発しました。今回、DNPが音声認識機能を開発し、2013年4月にコープこうべの会員専用アプリ『めーむアプリ』を開発したNECが、本機能をアプリに組み込みました。

【『めーむアプリ』の新機能について】

■商品名以外でも検索・表示する「おもてなし」機能

「いつもの」という音声で直近3ヵ月の購入商品の履歴を、「おきにいり」という音声で自分が登録したお気に入り商品を、「お買い得」という音声で特売商品を表示するなど、商品名以外の言葉も認識して、購入したい商品を検索・表示することができます。

■音声検索機能とあいまい検索の強化

音声による商品検索ができるとともに、あいまい検索への対応を強化しました。「きゅうり」「キウイ」など、似た発音で誤認識しやすい商品でも、独自の音声認識技術によって高い精度で判別します。また、辞書の整備によって、例えば「やきめし」と「チャーハン」を同じ商品と捉えて検索することができます。

■その他インターネット用コンテンツの強化

ウェブサイト上のカタログに掲載された季節の商品やおすすめ商品などの特定の商品を選択すると、紙のカタログでは実現できない産地や調理方法などの動画を閲覧することができます。

【音声認識システム「ボイスマ!」について】 http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10094898_5309.html

DNPが開発した音声認識システム「ボイスマ!」は、ある用途や業種に特化した音声認識辞書を構築することで、飛躍的に認識精度を向上させることが出来ます。音声認識システム「ボイスマ!」のベースとなる音声認識エンジンは、株式会社アドバンスト・メディアのAmiVoice®を採用しました。「ボイスマ!」の音声認識辞書は、日常的な言葉の音声認識に使われる汎用音声認識エンジンよりも高精度な商品検索が可能です。

※ ボイスマ!は、大日本印刷株式会社の商標です。
※ AmiVoiceは、株式会社アドバンスト・メディアの登録商標です。
 

生活協同組合コープこうべ

所在地:神戸

組合長理事:本田英一

出資金:426.9億円

大日本印刷株式会社

本社:東京

社長:北島義俊

資本金:1,144億円

日本電気株式会社

本社:東京

社長:遠藤信博

資本金:3,972億円

 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。