DNP GLソリューションズ FeliCa®カードを利用した本人認証や決済にも対応したNFCモジュールを共同開発

モジュール単体とUSB接続型リーダーライターを発売

大日本印刷株式会社(以下:DNP)とジーエルソリューションズ株式会社(以下:GLソリューションズ)は共同で、本人認証や決済などで使用されるFeliCaカードのICチップ内の暗号化領域の読み書きにも対応したNFC*1モジュールを開発しました。

モジュール単体とUSB接続型リーダーライターを3月下旬に発売します。

【開発の背景】

FeliCa技術を使ったシステムで、個人情報や決済情報などの重要データを扱う場合、ICチップ内にデータを暗号化して保存することでセキュリティを高めています。そのため、本人認証や決済で利用する機器には、FeliCaチップの暗号化領域のデータを復号化する機能が必要となりますが、既存のNFCモジュールにはこの機能がありませんでした。NFCの普及に伴い、複合機や店舗の電子マネー決済端末などでFeliCaの暗号化領域を用いた高セキュリティな本人認証や決済を行いつつ、NFC対応スマートフォンをかざして販促情報などを配信するサービスも行いたいというニーズが拡大してきました。こうしたニーズに応えて、今回両社は共同で、FeliCa暗号化領域に対応したNFCモジュールを開発しました。

【「FeliCa暗号化領域対応NFCモジュール」の概要】

FeliCaチップ内の暗号化データの読み書きを行う機能を備えたNFCモジュールです。社員証システムで多く利用されている共通フォーマットSSFC*2にも対応しています。モジュール単体およびそれを組み込んだリーダーライターの2種で提供します。

■主な仕様

型番

TM12(NFCモジュール)

XR05シリーズ(リーダーライター)

外形寸法(mm)

45(横)×65(縦)×6.7(厚み)

 54(横)×75(縦)×11(厚み)

対応カード

 ISO/IEC14443 Type A、MIFARE®、TypeB、FeliCa®およびISO/IEC15693

NFC動作モード

Read/Write Mode、Peer-to-Peer Mode

ホストインターフェース

USB、UART(3.3v系)

USB

【今後の展開】

DNPとGLソリューションズの両社がそれぞれ販売します。

両社は、社員証システム、決済システム向けの機器を開発しているメーカーを中心に本製品を販売し、その他のNFC関連機器も含めて、2015年度までの2年間累計で両社合わせて25億円の売上を目指します。

 

大日本印刷株式会社 本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円
ジーエルソリューションズ株式会社 本社:東京 社長: 橋詰博文 資本金: 1億円

 

*1 NFC(Near Field Communication): 近距離無線通信技術の国際規格
*2 SSFC(Shared Security Formats Cooperation): ICカードを使った企業内セキュリティシステムの構築を推進する企業連合で、参加企業はICカードや運用手順の共通仕様を定め、相互運用性が高い機器・システムを提供している。

 

* FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカード技術方式です。
* FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
* MIFAREは、NXPセミコンダクターズの登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。