スマートフォン向けO2Oプラットフォーム『PASSMART』の機能追加

ポイントサービスとの連携やアンケートの収集によるO2Oの効果を拡大

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、O2O(Onlineto Offline:ネットサービスによる来店促進)サービスに必要な各種機能をクラウド型で提供するプラットフォーム「PASSMART®(パスマート)」にポイント連携機能とアンケート機能を追加し、11月11日に提供を開始します。

【開発の背景】

現在、生活者のスマートフォンに企業がクーポンや特売などの情報を配信し、ネット利用者の店舗への送客や購買促進、優良顧客化につなげるなど、オンライン(ネット)とオフライン(店舗)の購買活動を相互に影響させ合うO2Oサービスが増加しています。

DNPはO2Oサービスを実施したい店舗や企業に対し、簡単な設定でスマートフォン用アプリの作製やサーバーの利用ができ、短期間かつ低コストでO2Oサービスが導入できるクラウド型プラットフォーム「PASSMART」を2013年11月から提供しています。2014年4月には、地域の最新ショッピング情報を提供するDNPのインターネットチラシサービス「オリコミーオ!®」と連携し、利用者が登録した店舗のネットチラシをアプリに配信できる機能を追加するなど、利便性の向上を進めています。

今回、店舗や企業のさらなるニーズに応え、ポイントサービスとの連携機能およびWebサイト上でアンケートが実施できる機能を追加しました。

【「PASSMART Ver.2.0」の概要】

http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10091659_5309.html

PASSMARTは、一つのアプリに、ニュース配信/クーポン発行/クーポン保管(PASSBOX)/デジタル会員証/アプリ内ブラウザ(WebView)/プッシュ通知/利用ログダウンロードなどの基本機能を備えています。これらの機能に、ネットチラシ配信などのオプション機能を追加することができます。

今回のバージョンアップ版「PASSMART Ver.2.0」では、店舗や企業が実施している既存のポイントシステムと連携して、ポイント情報をアプリで閲覧できるようになりました。また、アプリを利用する会員向けのアンケートが容易に実施でき、アンケートに回答した会員に対し、限定クーポンなどの特典を配信する機能も追加しました。

【価格(税抜き)】

<PASSMART>

初期費用:150万円~、月額利用料:15万円~(1OSにつき)

<ポイント連携追加費用>

初期費用:100万円~、月額利用料:5万円~

<アンケート機能追加費用>

初期費用:10万円~、月額利用料:4万円~

【今後の展開】

今後DNPは、PASSMARTと生活者の価値観を判別するDNP独自の「価値観クラスター」との連携により、会員それぞれの価値観にあったO2Oサービスの提供を行うことで、アプリの利便性を向上させる予定です。また、生活者や企業のニーズを取り入れた新たな機能も追加していきます。DNPは、スーパーマーケットやドラッグストアなどの流通小売やサービス業などを中心にPASSMARTのサービスを提供して、2015年度までに5億円の売上を目指します。

なお、11月10日(月)~13日(木)にDNP五反田ビルで開催している「次世代コミュニケーション展2014」で本サービスを紹介します。

 
※ PASSMARTは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
※ その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。