ショーウインドーのマネキンの着ている洋服が次々に変化!店内で手軽に実施できる「DNPプロジェクションマッピング(パッケージ版)」を発売

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、映像による新しい表現方法として利用が拡大している「プロジェクションマッピング」を、手軽に店舗で実施できる基本パッケージシステム「DNPプロジェクションマッピング(パッケージ版)」の販売を2月4日に開始します。今回は、洋服などの映像をマネキンに映し出すタイプと、店内などの壁面に映像を映すタイプを開発しました。

【開発の背景】

プロジェクターで凹凸のある壁面や立体物などに映像を投影して視覚効果を高める「プロジェクションマッピング」が注目されています。屋外では観光地やイベント会場の建物の壁面やオブジェなどの形状に合わせてCG映像が投影され、屋内では店舗の商品やマネキン、壁面などの立体物にCG映像を投影し、話題喚起や集客、企業の商品やブランドの訴求などに活用されます。また、実物とCG映像を組み合わせることで、普段は見ることのできない商品内部を可視化するなど、従来の映像や印刷物の表現を越えた付加価値を提供できます。

今回DNPは、屋内で行うプロジェクションマッピングに必要な機能をパッケージ化することで、より気軽に様々な用途で利用できるシステムを開発しました。

【「DNPプロジェクションマッピング(パッケージ版)」の製品概要】

※詳細は下記をご覧ください。
http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10104253_5309.html
http://www.dnpavcenter.co.jp/new/projectionmapping/

マネキンタイプ:マネキンに着せたTシャツとパンツの前面に映像を投射します。全身タイプと上半身タイプの2種で、マネキンを設置する専用のボックスと投影用プロジェクター、再生機がセットになっています。約2分の3DCG映像を制作します。

壁面タイプ:製品などの立体形状をしたレリーフを施したパネルなどを壁に掛け、そのパネルや壁面に映像を投射します。投射する映像サイズは80インチ以内で、パネルや投影用プロジェクター、再生機がセットになっています。レリーフを施した立体のパネルと投影する約2分の3DCG映像を制作します。展示会などで自社製品の内部構造を画像で紹介するなど、表面上では見えないものを可視化できます。

【価格(税抜き)】

 

 

セット機器

設置費

映像制作費

1週間レンタルの場合

マネキン全身タイプ

20万円~

30万円~

170万円~

マネキン上半身タイプ

15万円~

20万円~

140万円~

壁面タイプ

10万円~

20万円~

100万円~

買取の場合

マネキン全身タイプ

230万円~

20万円~

170万円~

マネキン上半身タイプ

150万円~

15万円~

140万円~

壁面タイプ

120万円~

15万円~

100万円~

※レンタル期間はご要望にあわせて調整が可能です。レンタルの設置費には撤収費も含みます。
※セット機器には、マネキンやマネキンを設置する什器やボックス、製作パネル、プロジェクターや再生機などの機材を含みます。
※搬入費用は設置場所により変動しますので別途お見積りします。
※映像制作費は120秒を想定した費用です。映像制作の内容によって費用が変動する場合があります。

【今後の展開】

DNPは、企業や商品のブランディングや販売促進の新たな表現手法として、今回のパッケージ商品を、店舗を運営している企業に販売するとともに、実績のある屋外でのプロジェクションマッピングへの個別対応も行います。また、プロジェクションマッピングを実施する場所のスペースデザインや全体の設計・施工、各種商材の提供なども行い、2016年度までに3億円の売上を目指します。

 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。