撮影画像の自動色補正プログラムを“組み込み用ライブラリ”として発売

印刷の画像処理技術をパッケージ化したライブラリ製品の第2弾

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像を、高速で綺麗に自動補正するプログラム「DNP画像色補正ライブラリ」を3月17日に発売します。

当製品は、DNPが印刷やフォトプリント事業を通じて培ってきた画像処理の要素技術をパッケージ化し、企業が自社の製品やサービスに組み込むことができるコンピュータープログラム(ライブラリ)として提供するもので、第1弾の2製品「画像切抜きライブラリ」「顔画像性別年齢推定ライブラリ」に続く第2弾です。

【「DNP画像色補正ライブラリ」について】

DNPは、独自の画像処理技術をパッケージ化した製品として、2014年11月から、画像中の被写体部分を背景部分から高精細に切り抜く「画像切抜きライブラリ」と、画像の中から人の顔を識別して性別・年齢層を推定する「顔画像性別年齢推定ライブラリ」を販売しています。

今回発売する「DNP画像色補正ライブラリ」は、DNP独自の6つの色補正技術を搭載し、撮影した画像1点1点に合わせた最適な補正方法を自動的に計算して適用します。

  1. 露出不良による暗い画像を適切な明るさに補正
  2. 画像を正常な色バランス(ホワイトバランス調整)に補正
  3. 画像の明暗部を適切なコントラストに補正
  4. 肌の色や植物、空などの記憶色領域を最適な色調に補正
  5. ピントがぼけている画像を適切に補正
  6. デジタル画像のノイズを除去

これらの技術は、デジタル写真を生活者自身が店頭などでプリントするDNPのセルフプリント機「PrintRush(プリントラッシュ)」や、撮影した画像データからオリジナルフォトブックを作成するサービス「DreamPages(ドリームページ)」などで実証されています。

*「DNP画像色補正ライブラリ」に関する詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。
   http://www.dnp.co.jp/software
*「PrintRush」、「DreamPages」に関する詳細は(株)DNPフォトイメージングジャパンのウェブサイトをご覧ください。
   http://www.dnpphoto.jp/

<本ライブラリの特長>

  • 画質を向上させるための複数の補正機能を搭載し、幅広い色補正のニーズに応えることができます。
  • 画像1枚当たり約1秒で色補正処理を行うことができます。
   ※600万画素の画像データを標準的なスペックのPCで処理した場合の平均数値
  • 全自動で補正処理をするため、色補正のための専門的な知識や操作は必要ありません。

【価格(税抜き)】

480万円~ (300ライセンス込み)

※ライセンス数によって価格は変動します。

【今後の展開】

DNPは、画像を扱うシステムやサービスを開発・提供する企業を中心に本ライブラリを販売し、3年間で3億円の売上を目指します。

また、引き続きDNP要素技術のライブラリ化を進め、随時商品ラインアップに追加していきます。

 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。