ハイパーテック社の全株式を取得

アプリ改ざんによるフィッシング詐欺防止などの情報セキュリティ事業を強化

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、スマートフォンやPC向けアプリケーション(以下:アプリ)の改ざん防止用ソフトウエアの開発・提供を行う株式会社ハイパーテックの全株式を取得して、完全子会社化しました。また同日、ハイパーテックの社名を株式会社DNPハイパーテックに変更しました。

【株式取得の目的】

DNPは、企業や生活者の重要な情報を守る情報セキュリティ関連の事業を幅広く展開しています。なかでもICカード事業は35年におよぶ実績があり、クレジットカードやキャッシュカード、電子マネーや社員証などの国内ICカード市場でトップシェアを獲得しているほか、独自の技術やノウハウを活かした各種ソリューションを提供しています。また近年、世界的にアプリの改ざんによるフィッシング詐欺や高額請求などの被害が増加していることを受け、アプリの改ざん防止用ソフトウエアも開発・販売しています。

一方ハイパーテックは1994年に設立され、アプリの改ざんを防止するソフトウエア「CrackProof(クラックプルーフ)シリーズ」やアプリの安全性診断サービスなど、情報セキュリティ関連のソフトウエアやサービスを提供し、高い評価を得ています。

今回DNPは、両社の技術・ノウハウの融合によるアプリ向け情報セキュリティビジネスの拡大を目指し、ハイパーテック社の全株式を取得して完全子会社化しました。

【今後の展開について】

今後DNPとDNPハイパーテックは、DNPがICカード事業で培ったセキュリティ技術をアプリ改ざん防止技術と組み合わせ、企業や生活者が安心してアプリを利用できるようにするための新たな情報セキュリティ製品の開発・販売を推進していきます。両社は、国内外の金融・電力・医療・ゲーム制作会社などに向けて販売し、2019年までに累計約45億円の売上を目指します。

【新会社の概要】

商号

 株式会社DNPハイパーテック

所在地

京都市下京区中堂寺南町134番地 京都リサーチパーク

代表取締役社長

代表取締役社長 小川秀明

事業内容

ソフトウエアの開発

資本金

40百万円

大日本印刷株式会社      本社:東京都新宿区   社長:北島義俊    資本金:1,144億円

株式会社DNPハイパーテック   本社:京都市下京区  社長:小川秀明    資本金:40百万円

 

株式会社DNPハイパーテック 
http://www.hypertech.co.jp/
 ※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。