◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆ 日本ユニシス主催のセキュリティ対策セミナーでDNPが登壇!

マルウェアによる標的型攻撃への対策方法を紹介

2016年6月13日

日本ユニシスが東京・名古屋・大阪の3カ所で開催するセキュリティ対策セミナーで、マルウェア(悪意を持った動作をするソフトウエア)による標的型攻撃への対策について、大日本印刷(DNP)社員が登壇し解説します。

セキュリティ対策は情報システム部門の活動だけでなく、経営層の理解と意思決定が必須です。

経済産業省からサイバーセキュリティ経営ガイドラインが昨年公表され、政府のサイバーセキュリティ戦略でもセキュリティマインドを持った企業経営の推進が言及されており、企業の経営層が主体的にセキュリティ対策を実施することが求められています。日本ユニシスが主催する本セミナーでは、経済産業省のサイバーセキュリティ経営ガイドラインから企業経営層が認識すべき事項の解説とセキュリティの事件、事故から学ぶ標的型攻撃対策の考え方について紹介します。

今回大日本印刷(DNP)は、未知の攻撃に対応可能なセキュリティソリューションについて紹介します。

【セミナー内容】

セッション1 :  政府のサイバーセキュリティ戦略と経営層が取組むべきセキュリティ対策

日本ユニシス株式会社 インダストリサービス第一事業部 

元内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター  永野田淳一

セッション2 : 情報セキュリティ対策

~企業認識と実事件の乖離、今企業が打つべき対策とは~

 日本ユニシス株式会社 インダストリサービス第一事業部     井上寛

セッション3 : 高度化する標的型サイバー攻撃への対策 

~未知のサイバー攻撃から保護、検知、分析、対処可能な対応策のご紹介~

トレンドマイクロ株式会社 セキュリティエキスパート本部     鈴木 真史

株式会社ソフトクリエイト 技術本部                 植松卓

セッション4 : ネットワーク対策だけでは不十分

~社内に入り込んだマルウェアの活動を封じ込める“エンドポイント対策”のご紹介~

大日本印刷株式会社 情報イノベーション事業部         工藤 雄大 

 

【セミナー概要】

セミナー名  : 政府のガイドラインから読み解く経営層への訴求ポイントと標的型攻撃対策セミナー

セミナー日時:

東京会場(日本ユニシス本社)         2016年6月15日(水) 14:00~17:00(13:30受付開始)

名古屋会場(日本ユニシス中部支社)      2016年6月22日(水) 14:00~17:00(13:30受付開始)

大阪会場(日本ユニシス関西支社)              2016年6月29日(水)14:00~17:00(13:30受付開始)

 

*セミナーの詳細、申し込みに関しては、下記URLよりご確認ください。

https://evesys.unisys.co.jp/public/seminar/view/2686