大日本印刷と北海道コカ・コーラボトリング さっぽろ雪まつりで、最新のデジタルサイネージを設置したブースを開設

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と北海道コカ・コーラボトリング株式会社は、「第69回 さっぽろ雪まつり」大通会場で、最新デジタルサイネージ機器を設置したコカ・コーラブースを開設します。

2017年さっぽろ雪まつりのコカ・コーラブース

【「コカ・コーラブース」の特長】

1.先進的な超横長デジタルサイネージでさまざまな情報を提供

ブース内の販売カウンター上部には、北海道内初登場の88インチ超横長デジタルサイネージ(49インチディスプレー横2面分相当/アスペクト比32:9)を設置。横にディスプレーを2面つなげたものに比べて中央に区切りがないため、メニューボードとして最適に活用できるほか、横長の全面を使ったダイナミックな映像表現や、自由な分割表示が可能になり、従来より伝わりやすい情報提供を実現します。DNPオリジナル配信システム「SmartSignage(スマートサイネージ)」により、ブースで提供するドリンクメニューやコカ・コーラ社のCM映像等を放映し、来場者に商品情報を提供します。

88インチ超横長メニューボードサイネージ

2.耐環境性・視認性に優れた屋外対応サイネージで情報発信

コカ・コーラブースでは初めて、ブースの外面に札幌の厳しい屋外環境にも対応したサイネージを設置し、ブースの外の通行者にも天気や販売商品などの情報を提供します。本サイネージは防水・防塵仕様で雪や風雨にも強く、低反射・高輝度仕様のディスプレーで直射日光や雪の照り返しなど日中の明るい環境の中でも見やすい映像が表示できます。札幌の環境における有用性を検証し、今後の展開につなげます。

55インチ屋外対応サイネージで大通公園周辺の天気情報を提供

3.テーブル型ディスプレーによる札幌観光映像等の紹介

ブース内では、休憩するお客様にも雪まつりを楽しんでいただけるように、テーブルを兼ねたタッチパネルディスプレーで札幌の観光映像や雪まつりPR動画、過去の雪像写真などを多言語で提供します。複数の映像ストックから見たいコンテンツを選択してテーブルのディスプレーで再生したり、見たいコンテンツをテーブルの横に設置したディスプレーにファイルを投げ込む動作で投影し、より多くの人数で同時に閲覧することも可能です。

テーブル型ディスプレ-で観光情報等を提供

4.その他、最新のデジタルサイネージ機器によるブース演出や商品陳列

コカ・コーラブースの更なる販売促進の仕掛けとして、77インチ4K有機ELテレビでコカ・コーラ社の映像を放映するほか、透明液晶ディスプレーを搭載した冷蔵庫とプロジェクションスクリーン付き商品什器(デジタルシェルフ)による商品陳列・販売を行います。

透明液晶ドア付冷蔵庫で商品販売

【今後の展開】

今回の展示機材は、イベントを通じて得た反応や知見を活かし、全国の流通店舗や飲食店への販売・導入を進めるとともに、今後さらなる改良を重ねて提供していきます。

(※一部参考出品あり)

■「第69回 さっぽろ雪まつり」 概要

2018年2月5日(月)~12日(月)大通会場・すすきの会場
※2018年2月1日(木)~12日(月)つどーむ会場
  公式ホームページURL http://www.snowfes.com/(別ウィンドウで開く)
★コカ・コーラブースは大通5丁目東 「ふれあいアート広場」に設置します。
第69回さっぽろ雪まつりオリジナルデザインの「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロ」350ml缶の販売なども行います。

「コカ・コーラ」、「コカ・コーラ ゼロ」“さっぽろ雪まつり応援デザイン缶”
350ml缶/メーカー希望小売価格: 115円(消費税別)