「東京アニメセンター in DNPプラザ」第5弾企画として故・塩山氏の貴重な原画や映像等を展示

2018年2月19日

大日本印刷(DNP)は「東京アニメセンター in DNPプラザ」(東京・市谷)の第5弾企画展として、3月1日~18日に「塩山紀生 サンライズ原画展」を開催します。
ぜひ会場にお越しいただき、故・塩山紀生氏の世界をお楽しみください。

【「塩山紀生 サンライズ原画展」の概要】

2017年4月13日にご逝去された、日本を代表するアニメーター・イラストレーターである塩山紀生氏の原画展です。
塩山紀生氏は、「装甲騎兵ボトムズ」シリーズや「鎧伝サムライトルーパー」などでキャラクターデザインと作画監督を務めました。キャラクターデザインのみならずメカニックデザインも手掛けており、1960年代から2000年代まで幅広い活躍で多くのアニメファンを魅了してきました。
その塩山紀生氏の往年の名作の貴重な原画や発表当時の映像を展示します。

主催

株式会社サンライズ、
大日本印刷株式会社

会場

東京都新宿区市谷田町1-14-1
DNP市谷田町ビル DNPプラザB1F

会期

2017年3月1日~3月18日

開館時間

11:00~20:00

休館日

火曜日

入場料

500円(税込み)

 
■塩山紀生氏について
1940年3月28日生まれ。熊本県出身のアニメーター、イラストレーター。1966年にテレビアニメ「ハリスの旋風」でデビューした後、フリーアニメーターとしてサンライズが製作するタツノコプロ作品など、数多くの作画監督を務める。アニメグランプリ、日本アニメ大賞などで多くの賞を受賞。2017年4月13日没。


*展示内容の詳細が決定次第、順次東京アニメセンターのWebサイトおよびtwitterにてお知らせいたします。
・Webサイト : https://animecenter.jp
・twitter : https://twitter.com/anime_tokyo