絶版本などを復刊したオンデマンド本を書店で販売する実証実験をスタート

本好きな読者と本との出会いの場を広げるとともに、出版社の販売機会も創出

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、注目度が高い絶版本や重版が決まっていない本などを、少量の製造が可能なオンデマンド印刷で復刊し、「丸善丸の内本店」(東京・千代田)でオンデマンド本として販売する実証実験を9月1日に開始します。

DNPは、入手困難な書籍を1冊から製造・販売・配送するオンデマンド本の専門サービス『ウェブの書斎』を2001年3月に開始し、2014年1月から楽天市場内のネット書店として提供しています。今回、このネット書店『ウェブの書斎』で販売ランキング上位にある書籍や、書店での問い合わせが多い書籍などを小ロットで復刊するものです。

【店頭でのオンデマンド本販売のねらい】

書店で目にすることが少ない絶版本や重版未定本を小ロットで製造し、オンデマンド本として、ネット書店だけでなく実際の書店でも販売することにより、生活者が本と出会う機会の創出や、出版社が在庫リスクを低減して販売できる環境整備を目指すものです。オンデマンド本へのニーズや販売動向、ネットとリアルの双方で販売することによる相乗効果などを把握し、『ウェブの書斎』とDNPグループ書店でのサービス拡充を図っていきます。

【店頭でのオンデマンド本販売の概要】

◇テスト販売するタイトルについて

丸善で生活者から在庫の問い合わせが多い書籍や、『ウェブの書斎』(楽天市場店)の販売ランキングトップ10(2014年7月時点)の書籍など、約20タイトルを予定しています。現時点では、株式会社インプレスR&D発行の『大前研一BOOKS悪魔のサイクル』『インターネット白書2013-2014』などが候補となっています*1

*1)他のタイトルは現在検討中で、今後決定します。

◇販売する期間と店舗について

  • 2014年9月1日(月)~9月30日(火)まで
  • 丸善 丸の内本店 1階入り口付近のデジタルサイネージコーナー(東京都千代田区丸の内1-6-4)

◇実証実験で検証する主な内容

  • 各ジャンルやタイトルの販売動向、読者の反応など、マーケティングデータの収集・分析
  • 店頭販売後の、『ウェブの書斎』へのアクセス動向の把握 など

【ウェブの書斎について】

http://www.rakuten.co.jp/shosai/

『ウェブの書斎』は、生活者の注文に応じて1冊から本を製造・販売・配送するオンデマンド本の専門書店です。文芸や人文、IT関連の書籍を中心に約2,000タイトルを提供しており、並製本(ソフトカバー)と上製本(ハードカバー)の2種類の製本形態に対応しています*2

出版社は、DNPまたはDNPのグループ会社で電子書籍の取次や販売を行う株式会社モバイルブック・ジェーピーとの契約により、当サービスを通じて生活者へ出版物を提供することができます。

なお、現在『ウェブの書斎』にコンテンツを提供している出版社は、新潮社、労働新聞社、日新報道、平凡社、自動車公論社、インプレスR&Dです。

*2)タイトル数は2014年7月2日時点のものです。オプションで、ご要望に応じた製本も可能です。

【今後の展開】

DNPは、この実証実験を通じて『ウェブの書斎』におけるオンデマンド本のサービスを拡充し、出版社の協力のもと、書籍や写真集、コミックなど、多様なジャンルで品揃えを充実させていきます。また、オンデマンド本による復刊および店頭販売を事業化するとともに、DNPグループ書店の店舗数を増やし、2019年度までに2億円の売上を目指します。

なお、7月2日(水)~5日(土)に東京ビッグサイトで開催される「第21回 東京国際ブックフェア」のDNPブースで当サービスを紹介します。

 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。