企業の重要書類を高セキュリティな環境で管理するサービスを開始

ICタグを利用した書類・ディスクの管理システム、書類の電子化受託、保管受託を提供

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、企業の重要書類およびそのデータを収録したディスクを、ICタグを利用して安全かつ効率的に管理するシステム、書類の電子化受託、書類・ディスクの保管受託を組み合わせた「ドキュメント管理サービス」を開始します。

【サービス開始の背景】

金融機関を中心に、内部統制強化の一環として、重要書類などのドキュメントの管理において、高い情報セキュリティを備えた管理環境を構築したいというニーズが高まっています。DNPは、安全かつ効率的にドキュメントを管理するサービスとして、ICタグを利用した管理システムと、高セキュリティな環境での書類の電子化受託、保管受託を組み合わせたサービスを開始します。

【ドキュメント管理サービスの概要】

企業のニーズに応じて、以下のシステムやサービスを組み合わせて提供します。書類の電子化作業およびドキュメントの保管場所には、高い情報セキュリティを備えたDNPの施設を利用します。

1.  書類の電子化受託サービス

DNPは、紙の書類を電子化して、パソコンなどで閲覧できる状態にする作業と、データを収録したディスクへのICタグやバーコードなどの貼付け作業を受託します。電子化したドキュメントを、ネットワークを通じて閲覧するシステムの提供も可能です。

2.  ICタグを利用したドキュメント管理システム(ICタグの販売を含む)

自社でドキュメント管理を行う企業向けに、システムを販売します。

個々のドキュメントに貼付されたICタグを、保管受け入れ時にICタグリーダーで読み取り、ドキュメントの貸出・返却から、棚卸し管理、廃棄までを効率的に管理します。ドキュメントの貸出処理を行わずに専用ゲートを通ると警報が鳴り、不正な持出しを防止します。利用頻度が高いドキュメントには直接1点毎に、利用頻度が低いドキュメントについてはまとめて収納したダンボール箱に1つICタグを貼るなど、さまざまな運用方法に対応可能です。書類・ダンボール箱が重なった状態でも一括読取りが可能な積層タイプ、ディスクに直接貼付けできるタイプなど、貼る対象ごとに最適なICタグをラインアップしています。

      貸出登録漏れのチェック(左) / 棚卸し作業の効率化(右)

3.  ドキュメントの保管受託サービス

企業で保管しきれないドキュメントをDNPの倉庫で保管します。専用の在庫管理システムを利用して、入出庫の指示を受け付け、引取り・配送にも対応します。

【価格(税抜き)】

価格は個別に見積もります。

参考価格として、ICタグを利用したドキュメント管理システムは、ICタグ10万個、ゲート、棚卸し確認などを行うハンディー端末を含む標準セットで1,000万円(設置費用は別途)です。

【今後の展開】

DNPは金融機関を中心にドキュメント管理サービスを提供し、2016年度までの3年間累計で5億円の売上を見込んでいます。

 

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。